焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

実戦タイプと期待していたのですが、デビュー戦の今回は緊張感がなく、訳が分からないままレースが終わってしまった印象。追走に余裕がなかったので、直線では全く伸びずに11着に沈む。★グレイシャーパーク


f:id:yakifish:20200513045835g:plain グレイシャーパーク(牝・高橋忠)父Dawn Approach 母カリスペル

日曜京都4R メイクデビュー京都 2歳新馬牝馬(芝1400m)11着(6番人気) 和田竜J

最内1番枠からモッサリとしたスタートを決めると、促しながら中団まで押し上げていきます。3~4コーナーから仕掛けていきますが、目立った伸び脚は見られずデビュー戦は11着でゴールしています。

高橋義忠調教師「京都競馬場に着いた後も普段と変わらず落ち着いていましたし、良い状態でレースに臨むことが出来ました。調教を積むごとにピリピリとしたところが見られるようになっていたので、レースでテンションが上がらないようメンコを着けて臨みましたが、逆に落ち着き過ぎて、ゲート内ではボロをしていたようです。レース後に和田竜二騎手に聞いたところ、『まだレースが分かっていない感じで、ゲートの中ではボロをして、ゆっくり構え過ぎていました。そのためにモッサリと出てしまったので、1400mの距離でもありますし、気合いをつけながら流れに乗っていきました。ただ、流れに乗るまでに脚を使ったことで、最後はジリジリとしか伸びてくれませんでした』と話していました。当日の落ち着き具合を考えるとメンコを外していた方が良かったかもしれませんが、一度使って気が入ってくることも考えられますので、レース当日の雰囲気を見ながら考えて行こうと思います。この後はトレセンに戻って馬の様子を見てから検討させていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

スタートで出遅れ。内から促してポジションを上げていくが、3~4角で楽をするところがなかった。直線はまったく伸びず。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:14日に滋賀県・NFしがらきへ放牧

高橋忠師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、大きな問題はなく、体調も変わりありませんでした。一度使ったことで飼い葉食いが悪くなったりすることもなく、牝馬にしては扱いやすいですが、まだ心身ともにしっかりしていないところがあります。このまま続戦させるより、放牧に出してフレッシュな状態で次走に臨めるように立て直してもらおうと思います」(10/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬体に芯が入っていない現状なので、追い切りで動き切れていなかったグレイシャーパーク。その一方、育成時の調教動画から走りっぷりの良い馬という印象だったので、芝の実戦へ行って良さが出てくれることを願ったのですが…。結果は甘くありませんでした。

馬体はやや重目だったかもしれませんが、意外に幅のある造りだったのは良い意味で意外。肌艶の良さも目立ち、状態自体は良かったと思います。ただ、初めての競馬でこれから何をやるのかが分かっていなかった様子。ゲート内でボロをしていたようですし、緊張感がなかったんでしょうねえ。その結果、最内枠で出遅れ、狭いところに入ってしまったことで行きっぷりが一息。渋った馬場にも脚を取られ、終始促しながらの走り。和田Jは何とか食らい付こうと頑張ってくれたのですが、道中で脚が溜まるところがなかったのので4角手前でアップアップの脚色。直線では全く伸びることが出来ず、11着に流れ込むのが精一杯でした。

レース後のグレイシャーパークは体調・脚元に悪い変化はなし。ただ、デビュー戦では気持ちと走りが噛み合っていなかったので、先を急がず、一旦NFしがらきを出して、リセットすることになりました。14日に放牧済です。

正直なところ、デビュー戦からそれなりに見せ場を作ってくれると思っていたので、今回の走りにはショックを受けていますが、レース前の記事・コメントでは和田Jが『先々は走ってくる馬』と乗り味の良さは褒めてくれていました。遅生まれで馬体にもまだまだメリハリを欠いていますが、今回の敗戦を糧に次走でどこまで変わり身を見せてくれるかに注目。2戦目はより大事になってくると考えているので、素質の片鱗は最低限示せるようにお願いします。