焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

除外で1週延びるも、追い切りを重ねることが出来てむしろ良かったかも。ただ、気持ちが先走るところがある馬なので、初めての実戦を落ち着いて臨めるかが1つ鍵に。まずはレースを覚えさせることを意識して乗ってきて欲しい。その中で今後に繋がるモノを見せてくれれば嬉しいのですが…。★ラッキーモー


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ラッキーモー(牡・松永幹)父Uncle Mo 母ラッキートゥビーミー

土曜京都4R メイクデビュー京都 2歳新馬(ダ1400m)4枠7番 福永J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:14日に坂路コースで時計

松永幹師「先週除外になった後も特に変わりはなく、むしろまだ体に余裕があったぐらいですので、14日の追い切りもしっかり負荷を掛けて時計を出しました。追走し、古馬1勝クラスの馬に途中から併せて行きましたが、時計の掛かる馬場でも仕掛けてからしっかり伸びてくれましたし、先週よりも動けるようになっていますよ。まだ時計が詰まってこないですが、走りづらい馬場でも最後までバテることはなかったですし、気持ちは前向きなので実戦に行けばもっと良い走りを見せてくれると思います。スイッチが入りやすいことから、もっと折り合いが難しいかなと思って進めてきましたが、逆に収まり過ぎるところがあるぐらいですし、距離は1400mの方がレースはし易いのではないかと思っています。福永騎手が引き続き騎乗したいと言ってくれただけに、今の雰囲気を維持しながらレースに臨めるよう努めて行きたいと思います」(10/15近況)

助 手 11栗坂稍 61.3- 44.4- 29.1- 14.7 馬なり余力 マテンロウエール(新馬馬なりと同入
助 手 14栗坂良 54.9- 40.1- 26.0- 13.1 一杯に追う ヤマニンマヒア(古馬1勝)強めを0.3秒追走0.5秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回京都3日目(10月17日)
4R メイクデビュー京都 2歳新馬
ダ1400メートル 指定 馬齢 発走11:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 サンライズボルト 牡2 55.0 秋山真一郎
1 2 スティクス 牝2 54.0 藤岡佑介
2 3 マラムレシュ 牝2 53.0 富田暁
2 4 スターオブスパーダ 牡2 55.0 城戸義政
3 5 サウンドパドマ 牝2 53.0 森裕太朗
3 6 テーオーラターシュ 牝2 54.0 石川裕紀人
4 7 ラッキーモー 牡2 55.0 福永祐一
4 8 ショウナンガニアン 牡2 55.0 藤岡康太
5 9 タガノハイセンス 牡2 52.0 泉谷楓真
5 10 ミケーレ 牡2 55.0 小牧太
6 11 ゴイゴイスー 牡2 55.0 松若風馬
6 12 ポップワール 牝2 53.0 団野大成
7 13 スーパーフェイバー 牡2 55.0 国分優作
7 14 スズカキンシャサ 牡2 55.0 小崎綾也
8 15 ヨシノイースター 牡2 55.0 川須栄彦
8 16 ハローチュース 牡2 55.0 岩田康誠

○松永幹師 「頭の高い走法で、切れる感じはありませんが、除外で延びた分、乗り込みが進みましたし、徐々に良くなってきましたね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2回目の追加募集で出資することになったラッキートゥビーミーの18ことラッキーモー。この安直なネーミングは何とかして欲しかったですが、血統はダート色が強いも、スラッとした体型で走りは軽やか。募集後に行われたセレクトセールで半弟が高評価されたように母系は1本筋が入っています。立ち姿での雰囲気の良さ+案外芝でもやれるかも!?ということで出資することにしました。

育成時のラッキーモーの課題は精神面で幼さを残し、馬体を減らしやすかった点。煩い馬ではないのですが、ピリッとして多少神経質なところがあるのでしょう。また、動きは悪くないのですが、内面の強化が他馬と比較すると遅れていました。それでも、脚元は問題なかったので、コツコツ乗り進めながらジワッと上昇。7月末に栗東・松永幹厩舎へやってくることが出来ました。

競走馬の第一関門と言えるゲート試験は約1週間で合格。学習能力の高さを見せてくれましたが、ちょっと疲れを覗かせたことから、その後は一旦NFしがらきへ放牧。気持ちと動きがしっかり噛み合ってくるように丁寧に調整されてきました。そして4回京都でのデビューを目指して9月12日に帰厩。デビュー戦は芝を試してくるかなと思ったのですが、最初からダートの短いところへ照準を合わせてきました。

帰厩後、本格的な追い切りを開始することになりましたが、追い切りの時計・内容は平凡。坂路だけでなくCWコースでも遅れるケースが目立ち、正直、時計が詰まってくる気配がしませんでした。不安が増すばかりでしたが、ここ2週の追い切りは時計こそ平凡も、古馬相手に食らい付く動きを披露。追い切りを重ねることでこの馬なりに動けるようにはなっています。先週のダ1200mを除外になったのも、むしろ良かったと思います。

良い仕上がりでデビューできそうですが、気持ちが先走るところがあるので、初めての競馬でイレ込み、パニックにならないかが心配。まずはパドックでの雰囲気をしっかり確かめたいと思います。レースぶりに関しては、スタートを五分に出て前々でレースの流れに乗って欲しいですが、細かいところは福永Jにおまかせ。直線ではきっちりひと伸びするような場面は作って欲しいです。ただ、脚抜きが良くなって時計が速くなると余計に辛いかもしれません。

TMの印を見ると、ヒモ候補という感じなので、初戦は勝ち負けよりも、レースを覚えさせることを重視して欲しいです。その中で今後に繋がるモノをキラッと見せてくれれば、デビュー戦とすれば合格点をあげたいです。その一方で4角を回る時点で圏外というのは避けて欲しいですが…。