焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

雨が降り続く不良馬場。力の要るWコースで抜群の動きを見せていたので苦にしないかなと見ていたのですが、さすがにここまで酷くなると辛かった様子。直線を向いた時はややお疲れ気味。ただ、直線でパタッと止まることはなく、坂を駆け上がってからは再度盛り返すような脚を披露。7着はホロ苦い結果も、悲観する内容ではなかった。この経験を次走以降に役立てて欲しい。★セラフィナイト

f:id:yakifish:20200513045835g:plain セラフィナイト(牡・宮田)父ルーラーシップ 母ブロンシェダーム

土曜東京5R メイクデビュー京都 2歳新馬(芝1600m)7着(2番人気)丸山J 

不良馬場。ややスタートで後手に回ってしまいますが、二の脚ついて中団からの競馬になります。勝負所でやや手応えが悪くなると、直線ではジリジリとしか伸びずに7着でゴールしています。

宮田調教師「スタートで若干遅れてしまったものの、テンのスピードがありましたので、すぐに巻き返して良い位置で運べました。道中は馬混みである程度折り合っていて、直線では抜け出すだけかなと思っていたのですが、3コーナー辺りから一気に下に脚を取られてしまい、終いは伸びを欠いてしまいました。今週の南Wコースが力の要る馬場で、その中でもしっかり走れていましたから、何とかこなしてくれないかと思っていましたが、断続的に雨が降ってこれだけ馬場が悪くなると、さすがに厳しかったようですね。騎乗した元気(丸山元気騎手)は『調教で乗せてもらった時の感触が非常に良かっただけに、今日の馬場が悔やまれますね。3コーナーから終始ノメッてしまい、直線に入るところではもう疲れていました。その中でも止まることは無かったですし、綺麗な馬場であれば巻き返せる馬です。調教の時のような良い走りをお見せ出来ず、申し訳ございません』と落胆した様子でした。このような馬場で初出走になってしまったので、まずはトレセンに戻って良く馬体を確認してからにはなりますが、優先出走権を獲ることは出来ませんでしたし、今後の事は慎重に判断させていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

 好馬体。仕上がり良好。遅めのスタートで、直線は内へモタれ気味で伸びあぐねたが、坂上から盛り返す脚を見せていた。馬場も敗因のひとつ。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/15日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

宮田師「新馬戦からこれだけ馬場の悪いレースになりましたから、レース後の状態が非常に心配でしたが、やはり心身の疲れは目立ちますね。レントゲン検査等では問題無かったものの、右膝に少し腫れぼったさを感じますし、一旦立て直した方が良いでしょう。明日NF天栄へ放牧に出させていただきます」(10/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

追い切りでの動きの良さに期待値がグングン上がっていたセラフィナイト。力強いフットワークをするので渋った馬場でも辛抱してくれると思ったのですが、さすがにここまで酷くなると…。小柄ながら、馬体を大きく使ってトビの大きい走りをする馬なので、ジリジリとスタミナをロスしていたようです。

ゲートを煽り気味に出て出遅れる形となりましたが、軽く促すと二の脚はマズマズ。中団あたりで競馬を進めることになりました。道中、それなりに追走できているかなと思ったのですが、実際は3角あたりからノメり出していたとのこと。確かに4角を回ってくる時は仕掛け気味の追走で余裕はなかった。

そして最後の直線。馬場の良い外目へ持ち出したかったところ、セラフィナイトは苦しくなっていたのか内へ内へ。自ら馬場の悪い方へ切り込んでしまったのが痛恨。ただ、普通なら脚が上がってパタッと止まるところですが、坂を駆け上がり、残り200mあたりから再度盛り返すような脚を披露。集中力を切らさずに頑張り通したのは立派(坂はちょっと苦手かも)。根性がありますし、この走りは今後に繋がっていくと思います。

敗因は馬場が大きいとは思いますが、スタートでの後手も痛かったですし、直線で内へモタれたのは馬体のバランスがもう1つなのかな? ハミの交換等も検討材料かもしれません。また、芝1600mは微妙に長いかもしれません。

収穫とすれば、気持ちが切れなかったこと。返し馬では少し幼いところを覗かせていましたが、パドックでは落ち着いて周回できていました。馬体重も440キロあったのはホッとしました。

レース後のセラフィナイトですが、タフな馬場を最後まで駆け抜けたことにより、心身の疲れが出ている様子。検査の結果、大事には至らなかったようですが、右膝が少し腫れぼったく感じさせるようです。優先権を確保することが出来ませんでしたし、ここはしっかりリセットして立て直さないといけません。予定では本日15日にNF天栄へ放牧に出ます。回復次第では次走が来年になってしまうかもしれませんが、無理は禁物ですし、この期間を心身の成長の場にもあてて欲しいです。

出鼻を挫かれるような結果(7着)でデビュー戦を終えましたが、内容は悲観することはないので、この経験を次走以降に役立てていってもらいたいです。そして即巻き返して欲しいです。