焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳牡馬・NFしがらき組)

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「トレッドミルで運動を開始した後も問題なく進められていましたので、先週末から周回コースで乗り出しています。今週から坂路にも入れていますが、動きはしっかりとしていますし、息づかいも問題ありません。運動後も飼い葉食いが良いですし、体調は良好です。この調子で徐々に負荷を強めていきたいと思います。馬体重は525キロです」(10/9近況)

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain ロコポルティ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「外傷した左前脚の状態をこちらの獣医師に見てもらいましたが、経過は順調とのことでした。それ以外に気になるところはなく、体調も良好です。ただ、もう暫く傷口が落ち着くまで乗り運動を控え、トレッドミルでの運動でコンディションを整えて置こうと思います。馬体重は528キロです」(10/9近況)

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「この中間も同じメニューで乗り込んでいますが、ここにきて動きに素軽さか増し、前向きさも感じられるようになってきましたよ。もう少し体にメリハリが出れば、更に良くなってきそうなので、この調子で良化を促して行ければと思います。馬体重は554キロです」(10/9近況)

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain バラキエル

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「この中間はトレッドミルである程度運動させてから坂路に入れるようにしていますが、以前と比較すると馬道で馬っ気を見せることもなく、コースに入っても集中して走っているので、去勢の効果は感じられますよ。念のためにコースに入る手前までスタッフに引っ張ってもらっていますが、それをしなくても良いぐらいゆったり歩けているので、この調子で運動量を増やしていければと思っています。馬体重は505キロです」(10/9近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ミスターサファリ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「この中間も同じメニューで乗り運動を行っていますが、ここにきて更に動きが良くなり、坂路では抑えきれないほどの手応えで駆け上がっていますよ。以前は緩さから体を上手く使い切れなかったですが、まだ頼りないところがありながらも、これだけ動けば十分ですね。この調子でいつ声が掛かってもいいよう態勢を整えて行きたいと思います。馬体重は508キロです」(10/9近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ピクシーナイトはデビュー戦の疲れが抜け、周回コース→坂路と騎乗運動を開始。乗り出した後も気になるところはないので、2戦目へ向け、今のうちに少し馬体を引き締めに掛かって欲しいです。そして操縦性を高めてもらえればと思います。

ロコポルティは改めて獣医師に患部を診てもらったようですが、経過は良好とのこと。ただ、傷口がしっかり塞がってから運動を開始すべきなので、もう少しの間はトレッドミルで体を動かす程度に止めてもらえればと思います。あとは精神面で前走でのラチへの衝突がトラウマにならないようにリフレッシュを十分図ってもらいたいです。

ヒーズオールザットは少しずつピリッとしてきている様子。ただ、馬体はもう1つメリハリを欠いているようなので、引き続き高い負荷を掛けながら、動きの質を良くしていって欲しいです。ポテンシャルは高い1頭だと思います。

バラキエルは元気が有り余っていると煩い面を覗かす可能性があるので、トレッドミルでそれなりに負荷を掛けてから、坂路へ連れ出すように。去勢効果で集中力が徐々に出てきているようですし、あとはコツコツ乗り込みながら、馬体の緩さを解消・改善に努めてもらいたいです。

ミスターサファリはまだ良化の余地を残すも、唸るような感じで坂路を駆け上がっているのは好感。走ることに前向きさが出てきているのでしょう。そろそろ帰厩が視野に入ってくると思うので、オーバーワークに気をつけながら、動きの質を更に高めていってもらいたいです。