焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

道悪は滑る馬場じゃなければ、見た目通りのパワー+母系がドイツ血統から問題ない筈。目標は次のG1でしょうが、そこへ弾みをつける為にもここは1着と結果を出し、2歳マイル王者の自信をしっかり取り戻して欲しい。☆サリオス

f:id:yakifish:20200513045835g:plain サリオス(牡・堀)父ハーツクライ 母サロミナ

日曜東京11R 毎日王冠(G2・芝1800m)7枠9番 C.ルメール

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:8日に南芝コース時計

堀師「先週の1週前追い切りを消化した後も、大きな疲れは見られませんし、飼い葉もしっかりと食べていて健康状態に問題はありません。先週末に坂路コースで時計を出した際の息遣いも良好で、順調に態勢が整ってきていることが確認できていますから、8日の最終追い切りは微調整程度で十分だと判断し、芝コースで半マイルから時計を出しています。いつも追い切りを行っているWコースは、降雨の影響もあってかなり重くなってしまっていますし、今週末は台風の影響で馬場が悪くなることも予想され、皐月賞では稍重で走った経験はあるものの、事前に水を含んだ芝馬場を経験させておきたいということも踏まえて、芝コースでの追い切りを選択しました。厩舎のGPSでは、51.6-36.9-11.5というタイムを、石橋脩騎手に跨ってもらう形で計時しており、稽古と本番では異なる部分はあるものの、重馬場でもノメッたりせず最後まで走り切れていましたね。また、先週はスムーズでなかった手前についても、今回はちゃんとしたタイミングで替えることが出来ており、その点の改善が確認できたのも良かったです。『春に跨った時と比べて、馬はキビキビとしていて良い雰囲気でしたね。馬体に気になるところはなかったですし、息遣いも含めて仕上がっていると思います』と石橋騎手が話していた通り、毛艶や馬体の張りは良好で、太目感のない状態で復帰することが出来そうですから、秋シーズンを良い形で迎えられるように頑張ってもらいたいですね」(10/8近況)

助 手 4美坂良 57.1- 41.4- 26.8- 13.4 馬なり余力
石橋脩 8南芝重 54.1- 39.2- 12.2 馬なり余力 ゼーゲン(古馬3勝)馬なりの内0.4秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回東京2日目(10月11日)
11R 毎日王冠(G2)
芝1800メートル 3歳上OP 指定 国際 別定 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 コントラチェック 牝4 54.0 丸山元気
2 2 ワンダープチュック 牡6 56.0 柴田大知
3 3 アイスストーム 牡5 56.0 石橋脩
4 4 ザダル 牡4 56.0 田辺裕信
5 5 ダイワキャグニー せ6 56.0 内田博幸
6 6 トーラスジェミニ 牡4 56.0 木幡育也
6 7 サンレイポケット 牡5 56.0 荻野極
7 8 サトノインプレッサ 牡3 54.0 戸崎圭太
7 9 サリオス 牡3 54.0 C.ルメール
8 10 カデナ 牡6 56.0 三浦皇成
8 11 カイザーメランジェ 牡5 56.0 武藤雅

○堀師 「7日の調教後で544キロ。太目感はなく、息もできています。今後は持って生まれた特性がいろいろと出てくるので、この距離を使って適性を再評価したいと思っています。心配なのは馬場ですが、こなすかこなさないかは気性面が大きいと考えており、この馬なら問題ありません。しっかり能力を発揮させたい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

毎日王冠】サリオス、芝追い&中距離路線変更も問題なし 森助手「ボリュームある」(デイリースポーツより)

ダービー2着サリオスが8日、併せ馬で好仕上がりをアピールした。悪天候のため予定していた美浦Wから芝での追い切りに変更となったが、その影響を感じさせず力強い走りを披露。春のクラシックは皐月賞、ダービーとも2着でコントレイルに歯が立たなかったものの、秋は中距離路線にシフトして頂点を目指す。名手ルメールの新コンビで、古馬の包囲網を突破する。

サリオスは石橋脩(レースはルメール)を背に、美浦坂路を4F71秒7で登坂してから芝へ。パートナーのゼーゲン(5歳3勝クラス)の2馬身後方からスタートした。道中はリラックスして追走し、直線ではパートナーの仕掛けを待つ形で併入。余力を十分に残しながら、4F53秒7-38秒8-12秒1をマークした。

本来ならダートで足慣らしをしてから、Wで追い切るのが堀厩舎のパターン。しかし、7日から雨が降り続きウッドチップを入れ替えたばかりのWの状態がひと息のため、大事を取って芝での追い切りを選択した。森助手は「ウオーミングアップの場所を(ダートから坂路に)変えたのも、馬場悪化が予想されたためです」と説明。その影響が気になるところだが「先週までに態勢はしっかり整っているので、きょうは余力を残しながら。いい追い切りができました」と誤算のないことを強調した。

夏は北海道のノーザンファーム早来でリフレッシュした。「しっかり疲れを取って、馬体も少しふっくら。筋肉が付いてボリュームがある感じです」と同助手。1週前の9月30日には新コンビのルメールも感触を確かめており、青写真通りに仕上げは進んでいる。

ただ、心配なのは週末の台風接近。稍重皐月賞を経験しているが、いい馬場で走れるに越したことはない。森助手は「跳びが大きいので(馬場悪化が)プラスになることはないですが、条件は一緒なので頑張ってほしい」と話した。これまで先着を許したのはコントレイルだけ。初の古馬相手に、3歳世代トップクラスの実力を見せつける。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

春のクラシック2冠は共にコントレイルの後塵を拝することになるも、未知の距離だった2000m→2400mで一生懸命走ってくれたサリオス。負けたのは残念で悔しいですが、改めてこの馬も凄い能力の持ち主だなと思いました。

そこから順調に夏を越しての秋競馬。3歳クラシック路線を外れて独自路線へと踏み出したサリオスですが、自身の評価を高めるためにこれからの戦いが重要で真価が問われることになります。

お盆過ぎから秋の始動戦として決まったいた東京・毎日王冠。約1ヶ月前に帰厩すると、坂路での追い切りで脚慣らしを行い、レース2週前追い切りからWコースで速い時計をマーク。この厩舎らしい仕上げ過程を順調に消化。今回はC.ルメールJとコンビを組むことになりますが、1週前追い切りに跨る機会ができたのも良かったです。直前は本格的な道悪は未経験ということで芝で感触を確かめる走り。それまでにしっかりやっているので手前の替え方もスムーズだったのかなと思います。目標は先で馬体に少し余裕があるかもしれませんが、乗り込み自体は足りているので力は発揮してくれると思います。

相手関係に目をやると、手頃な頭数に落ち着きましたし、これまでの実績からは譲れないところ。54キロで走れるのは何とも有利でしょう。馬場に関しては滑る馬場なら嫌でしたが、重馬場で力を要するのは問題ない筈。見た目通りのパワーがありますし、母系はドイツ血統。気持ちもしっかりしている馬です。

それ故、大崩れは間違いなくないと思いますが、マークされる形で最後の決め手比べに持ち込まれた際には若干の不安も。馬体を接する形なら勝負根性を発揮してくれるでしょうが、離れた位置からスパッと来られると反応し切れないかも…。

春2戦で勝てなかった名残から、ここでも詰めの甘さを覗かせるようだと先々への期待が萎んでしまいます。目標が先でも、ここは1着と結果を出し、自信を取り戻す感じで次のG1へ臨んで欲しいというのが率直なところです。