焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

身のこなしの良い馬なので芝の実戦へ行って良さが出そうも、まだまだ馬体にメリハリを欠き、完成度が低い現状。心身が噛み合ってくると良くなると思うので、まずは現段階でどこまで走れるかを冷静に見守りたい。☆グレイシャーパーク

f:id:yakifish:20200513045835g:plain グレイシャーパーク(牝・高橋忠)父Dawn Approach 母カリスペル

日曜京都4R メイクデビュー京都 2歳新馬牝馬(芝1400m)1枠1番 和田竜J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:7日に坂路コースで時計

高橋忠師「7日の追い切りではレースで騎乗する和田竜二騎手に感触を確かめてもらいました。和田竜二騎手は『まだ頼りないところがある割には、走りづらい馬場でも最後まで頑張って駆け上がっていましたし、走りのフォームから実戦の芝ならもっと良い走りを見せてくれそうです。素直で乗り易かったですよ』と話していました。ウッドチップを入れ替えたばかりで、この時期の2歳馬にとっては、かなり力のいる馬場だったと思いますが、最後まで真っすぐ駆け上がってきましたし、動きとしては上々だと思います。入厩時はまだ体がモッサリとしてメリハリがなく、成長が遅いタイプだと感じていましたが、今回帰厩してから追い切りを積み重ねて行くにつれて、こちらが思っていた以上にしっかりとしてくれましたし、学習能力の高さを感じます。しっかりするのはもう少し先だと思いますが、良い仕上がりでデビュー戦を迎えられるので、今の状態でどれだけ良い走りを見せてくれるのか楽しみにしています」(10/8近況)

助 手 4栗坂良 58.7- 41.7- 27.0- 13.7 馬なり余力
和田竜 7栗坂良 55.3- 39.6- 25.7- 12.8 強めに追う クォリティタイム(古馬1勝)馬なりに0.5秒先行同入
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回京都2日目(10月11日)
4R メイクデビュー京都 2歳新馬
芝1400メートル 指定 牝馬 馬齢 発走11:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 グレイシャーパーク 牝2 54.0 和田竜二
1 2 クラウディベイ 牝2 54.0 川田将雅
2 3 テリーヌ 牝2 54.0 松山弘平
2 4 ペーパードライバー 牝2 54.0 水口優也
3 5 ワイドアウェイク 牝2 54.0 幸英明
3 6 マニトゥーリン 牝2 54.0 北村友一
4 7 シャーレイポピー 牝2 54.0 池添謙一
4 8 メイショウヒゾッコ 牝2 54.0 酒井学
5 9 ガールズヒロイン 牝2 54.0 国分優作
5 10 グルーヴィカグヤ 牝2 54.0 松若風馬
6 11 ローゼライト 牝2 54.0 福永祐一
6 12 オプティミスモ 牝2 54.0 藤井勘一郎
7 13 メイショウサチヒメ 牝2 53.0 富田暁
7 14 マラムコーブ 牝2 54.0 藤岡康太
8 15 ブリリアントウェイ 牝2 54.0 藤岡佑介
8 16 アーサーズシスター 牝2 54.0 浜中俊

○高橋忠師 「重いチップでは動き切れないけど、芝の実戦へ行って良さそうなタイプ。調教を重ねてトモの緩さも解消してきた」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

募集時は遅生まれで小柄な印象が強かったカリスペルの18ことグレイシャーパーク。シルクで欧州血統の馬を1度出資したいと思っていたので、母系がシャケトラに繋がるのなら案外日本の馬場でも対応できるかもと深く考えずに出資へと踏み出した1頭です。

育成時のグレイシャーパークは2月下旬に左トモの歩様に違和感が出て騎乗運動を一旦ストップ。そこから1ヶ月ちょっとは脚元の治療・回復に努めることに。幸い、それまでは速い組に属していたので、大きな出遅れには至らず。乗り運動を再開後は不安がぶり返すことなく、着実に前進。6月下旬に初めて栗東トレセンへやってきました

元々、人に従順で扱いやすい馬なので、競走馬の第一関門といえるゲート練習に関しては初めからスムーズ。体がしっかりしていない分、発進に鈍さはありましたが、着実に状態。入厩して1週間足らずの短期間でゲート試験に合格してくれました。

調教の動きに関しては、非力さを感じつつも、早い段階から身のこなしが良く、センスを感じさせる走りを披露。走ることに真面目なのも好感を持っていました。

ゲート試験を合格後は残念ながら体力不足ということで、NFしがらきで再調整。毛色から暑さが堪えてしまうかなと見ていましたが、しっかり耐えてくれて淡々と乗り込みを継続。馬体にはまだまだメリハリを欠き、筋肉が付き切っていない現状なので、良くなってくるのは先かなと思いますが、この馬なりに逞しさを増して約1ヶ月前に栗東・高橋忠厩舎へ帰厩しています。

帰厩後、本格的な追い切りを開始しましたが、坂路では動き切れない面が目立ち、時計自体も地味。ただ、1週前にCWコースで格上のサンレイポケットと併せ馬を行うと、遅れはしましたが、食らい付くような根性を披露。そして7日の最終追いでは和田竜Jに跨ってもらい、感触を掴んでもらっています。時計は地味でも脚取りはしっかりしていたようなので、良い仕上がりでレースへ臨めそう。私も芝の実戦へ行って良いタイプだと思うも、前日の雨で重馬場での競馬になりそう。開幕週なのでそこまでタフな馬場ではないでしょうが、この馬にはやはりマイナス。最内枠もどう出るかです。

まあ、まだまだ馬体に芯が入っていないので、使いつつ良くなってくれそうなタイプ。良い性格の持ち主なので、自分から止めようとすることはないと思います。まずは現時点でどこまでやれるかを冷静に見守りたいと思います。距離はこれぐらいが合っていると思います。