焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

時間を掛けて立て直されたことで馬体をキープ。この馬なりに落ち着いているのも好印象。脚抜きの良いダートがどう出るかですが、小細工なしにスピードを生かした競馬に持ち込んで欲しい。前走の最下位負けからV字回復を期待しています。☆ミスビアンカ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ミスビアンカ(牝・高橋忠)父ロードカナロアシャトーブランシュ

土曜京都6R 3歳上1勝クラス・牝馬(ダ1400m)5枠9番 福永J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:7日に坂路コースで時計

高橋忠師「7日の追い切りではテンションが上がり過ぎないよう心掛けて時計を出しましたが、道中は抑えきれないほどの手応えで、活気に満ちていましたよ。前回は飼い葉を思うように食べてくれず、調整がかなり難しかったですが、今回は担当厩務員が飼料を調整して、食べ出すようになってから徐々に運動量を増やして行きました。その甲斐あって極端に体が減ることもないですし、ふっくらとした状態を維持しています。厩舎周りで運動をしている際はシャキシャキと歩いているのですが、鞍を着けて調教前の準備運動を行っている際は歩きに硬さが見られるので、精神的な弱さからきているのかもしれません。その点には気を付けて調教を進めましたが、行きっぷりが良いものの、我慢は出来ていますし、精神的に苦しいところも見られませんので、前走のようなことはないはずです。心身ともにしっかりすれば芝でこそのタイプだと思いますが、出掛けの硬さを考慮するとダートの方がスピードの甘さを補えるでしょうから、この条件で未勝利を勝ち上がった時のような走りを見せてもらいたいところです」(10/8近況)

助 手 4栗坂良 59.2- 43.0- 28.2- 14.1 馬なり余力
助 手 7栗坂良 53.8- 39.4- 25.6- 12.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回京都1日目(10月10日)
6R 3歳上1勝クラス
ダ1400メートル 指定 牝馬 定量 発走12:55
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ナムラマッチェリ 牝4 55.0 幸英明
1 2 スエーニョブランコ 牝3 53.0 藤岡康太
2 3 トライハード 牝3 53.0 池添謙一
2 4 クリノクノイチ 牝5 55.0 小牧太
3 5 レッドモアナ 牝4 55.0 藤懸貴志
3 6 クォリティタイム 牝3 52.0 団野大成
4 7 カレンリズ 牝3 53.0 松山弘平
4 8 ハニエル 牝4 55.0 岩田康誠
5 9 ミスビアンカ 牝3 53.0 福永祐一
5 10 メイショウマサヒメ 牝3 53.0 和田竜二
6 11 リノ 牝3 53.0 川須栄彦
6 12 エナホープ 牝6 55.0 高倉稜
7 13 メイショウミチノク 牝4 55.0 太宰啓介
7 14 レッドリボン 牝6 55.0 小崎綾也
8 15 ブッチーニ 牝4 55.0 藤岡佑介
8 16 ショウゲッコウ 牝3 53.0 国分恭介

○高橋忠師 「前走は体調面で不安定なところがあった。放牧に出して良くなるのを待っていた。少し硬さもあるので、ダートがいいかな」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昇級緒戦で3着に来ているように1勝クラスなら上位の存在だと思うミスビアンカ。一息入った前走は初めての古馬相手。それでも良い走りを見せてくれるだろうと楽観視していましたが、実戦へ行ってよもやの気難しさを露呈。まさかまさかの最下位に沈んでしまいました。丹念に追い切りを重ねてはいましたが、カイ食いが不安定で加減しながらの調整も響いたのかなと思います。

前走後はこの大敗が尾を引かないようにNFしがらきでリフレッシュ。少しのんびりさせることで精神面でゆとりを持たせ、まずは馬体重を大きく増やしてから、コツコツ乗り込みを消化。牧場ではカイ食いが悪くなることはなかったようです。

帰厩後の調整は馬なり中心ですが、動きには活気があって立て直した効果は見込めそう。ただ、気持ちの面で弱いところがある馬なので、他馬からのストレスを感じると過敏に反応してしまう様子。この面が解消されてくれば、ドンドン成績も良くなっていくのでしょうが…。

今回、歩様に硬さが残るので、ダートへ戻して詰めの甘さを補おうという見立て。ただ、台風による雨の影響で脚抜きの良い馬場の1戦になるのがどう響くか。芝向きの走りというのならプラスに出るのかもしれませんが、硬さがあると脚抜きの良い馬場がマイナスに働くでしょう。まあ、この点については走ってみないと分かりませんね。水が浮いていることに過敏に反応しなければ良いのになあとも思います。

重賞勝ち馬の母の仔ですし、ポテンシャルの高さは上でもやれるものがあると思っているだけに1勝クラスで低迷してもらっては困る存在。レースプランは福永Jにおまかせですが、ハナへ行った方が良さそう。スピードを存分に生かし、前走の大敗からV字回復してくれることを願っています。