焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

心身の幼さがまだまだ残る現状なので実戦へ行っての不安は感じるも、追い切りでは可動域の広さを生かしたダイナミックな走りを披露。鞍上の指示にスッと反応してくれそう。楽しみな1戦ですが、まずは次走以降に繋がる走りを見せて欲しい。☆セラフィナイト

f:id:yakifish:20201007043253j:plain
f:id:yakifish:20200513045835g:plain セラフィナイト(牡・宮田)父ルーラーシップ 母ブロンシェダーム

土曜東京5R メイクデビュー京都 2歳新馬(芝1600m)6枠11番 丸山J 

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:7日に南Wコースで時計

宮田師「7日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。3頭併せで行われましたが、前に2頭置いてこの馬のリズムで進めると、最後は内目からスルスルと脚を伸ばして終えています。大きく追走していたので単走のような形になっていますが、重いチップの中でもしっかり動くことが出来ており、非常に良い内容の調教だったと思います。騎乗した元気(丸山元気騎手)も『チップがとても重たかった中で、これだけ動けるのはやはり良い馬ですね。古馬でも脚を取られる馬が多かったですし、攻め通りの走りであれば初戦から十分やれるでしょう』と思わず笑みをこぼしながら話してくれました。先週の新馬で勝ったシャドウファックスを煽るくらいの走りをしており、今週のデビューが楽しみですね。調教からパワーが有るのは証明済ですし、多少馬場が渋ってもこなしてくれるとは思いますが、初戦なので出来るだけ良い馬場で走らせてあげたいところです」(10/8近況)

草 野 4南W良 56.0- 40.8- 13.3 馬なり余力
助 手 6美坂良 61.3- 44.3- 29.1- 14.2 馬なり余力
丸 山 7南W良 68.6- 53.6- 39.2- 13.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回東京1日目(10月10日)
5R メイクデビュー東京 2歳新馬
芝1600メートル 指定 混合 馬齢 発走12:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ルーマーミル 牡2 54.0 木幡育也
1 2 フローラーリア 牝2 54.0 嘉藤貴行
2 3 ファインディーヴァ 牝2 54.0 内田博幸
2 4 ディープリッチ 牡2 55.0 武藤雅
3 5 フローズンカクテル 牝2 54.0 吉田豊
3 6 ミラグロス 牝2 51.0 小林凌大
4 7 キヨラ 牝2 54.0 野中悠太郎
4 8 コスモクーシェリ 牝2 54.0 柴田大知
5 9 ウプサラ 牝2 54.0 江田照男
5 10 パブリックドメイン 牡2 55.0 石橋脩
6 11 セラフィナイト 牡2 55.0 丸山元気
6 12 バジェナート 牝2 54.0 木幡巧也
7 13 シルバースピリット 牡2 55.0 C.ルメール
7 14 ナンノコレシキ 牝2 54.0 大野拓弥
7 15 カルタゴ 牝2 54.0 三浦皇成
8 16 アルジェントステラ 牝2 54.0 田辺裕信
8 17 パッドゥラパン 牝2 54.0 武士沢友治
8 18 スノーハレーション 牝2 54.0 戸崎圭太 

○宮田師 「燃えやすい気性ですが、前を見ながら終いを伸ばすいい動きでした。脚が短くコロッとした体形。母に似て小柄で力のいる馬場はどうかも、スピードはあります」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

セラフィナイト、マイル戦でも折り合える/新馬戦(日刊スポーツより)

10日(土)東京芝1600メートルに出走するセラフィナイト(牡、宮田、父ルーラーシップ)は、祖母に08年スプリンターズS勝馬スリープレスナイトがいる血統。

7日は丸山騎手が騎乗し、美浦ウッドを馬なりで5ハロン68秒6-13秒4。先週には5ハロン65秒4-12秒8の好時計をマークしている。宮田師は「スピードもあるし、バネもありますね。ゆとりをもって仕上げてきました。短距離血統ですが、マイルでも折り合えると思う。すごく楽しみです」と期待した。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

小ささは懸念材料の1つでしたが、ルーラーシップ産駒らしく可動域の広い歩様が気に入って出資したのがブロンシェダームの18ことセラフィナイト。

また、父の産駒は気難しさを抱える馬が多いですが、セラフィナイトの顔立ちは好奇心旺盛で他馬に気後れするような馬ではない印象。これが勝負根性に繋がってくれれば見ていました。ただ、率直に言うと、そこまで期待の高い馬ではありませんでした。

育成時のセラフィナイトは心身の幼さが目立ち、トモ高の馬体。一気に詰め込むとパニックを起こしそうだったので、淡々と進めて行くことに。移動直前に疲れから蕁麻疹や皮膚病を発症することはありましたが、育成時に脚元に疲れ・反動は出ることはなかったです。この点はコンパクトの馬体の恩恵もあるのでしょう。そして6月12日に初めて美浦・宮田厩舎へやってきました。

父もゲートで苦労したように産駒にもその傾向はありますが、セラフィナイトはゲート練習中に枠入りで少しゴネる素振りが見られた程度で着々と進歩。入厩から約1週間で競走馬としての第一関門・ゲート試験合格を決めてくれました。

ただ、その後は体力途上+咳をしていたのでNF天栄で再調整。まずは吸引をしっかり行い、咳による負担を軽減。背腰に疲れが見られたり、馬体が細くなってしまうこともありましたが、調教を休むまでは行かず。入念なケアを施しながら、乗り進めることは出来ました。そして4回東京開催でのデビューを視野にちょうど1ヶ月前に帰厩。

本格的に追い切りを重ねていくと予想以上の軽快な走りをするようで少しビックリ。先週の追い切りでは先週の中山でデビュー勝ちを決めたシャドウファックスに好時計で追走先着。期待はドンドン上がっていますが、ここまで身のこなしが良いとは改めて馬選びの難しさを実感しています。また、今週の追い切りを映像で見ましたが、脚が短いのでピッチ走法に見えがちですが、可動域の広さを生かしたダイナミックな走り。スーッと加速していけるのがこの馬の特長に思います。馬体には非力さが残りますが、体幹がしっかりした走りなので、馬場の悪化でも辛抱してくれるんじゃないかなと見ています。

専門紙・スポーツ紙でも評価が高く、デビュー戦から好勝負を期待したくなりますが、その一方で心身の幼さがまだまだ残っているのは確か。実戦へ行って舞い上がってしまい、実力を発揮できぬまま終わってしまう可能性もあるでしょう。ですので、過度の期待は控えたいと思いますが、噂に違わぬ動きを初めての競馬で、まずはチラッとでも見せてくれれば。これから良くなっていく馬なので、自滅するような敗戦だけは避けてもらえればと考えています。