焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

落ち着いてレースへ臨めたと思うも、スタート直後に手綱を引くことになり、そこで砂を被るとフワフワした走りに。勝負どころからのペースアップで余裕がなくなると直線で巻き返すことは出来ずに13着。ホロ苦い結果に終わるも、返し馬の感触だと芝でも十分やれそうと分かった点は収穫。★アリーヴォ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ(牡・杉山)父ドゥラメンテエスメラルディーナ

土曜中京4R メイクデビュー中京 2歳新馬(ダ1800m)11着(7番人気) 北村友J

まずまずのスタートを決めますが、砂を被って嫌がるところを見せ道中は中団で流れに乗っていきます。3~4コーナーから押し上げいきますが、なかなか前との差が詰まらず、デビュー戦は11着でゴールしています。

杉山調教師「まだ心身ともに幼さが残りますが、競馬場に着いてからも余計なことはせず、この馬なりに落ち着いていました。返し馬の感触を見ると走りっぷりが良かったですし、これなら良い競馬をしてくれると思いました。ただ、スタートそのものは悪くなかったですが、砂を被った途端にふわふわとした走りになり、思いのほか良いポジションでレースが出来なかったのが痛かったですね。レース後、北村友一騎手に確認したところ、『返し馬の感触がとても良く、これなら芝でも十分やれそうだと思いました。ただ、実戦に行くと砂を被った途端にふわふわと上に抜けるような走りになり、スッと流れに乗っていけなかったですね。でも、道中は自分から進んで行こうとする姿勢がありましたし、最後まで気持ちは切れなかったです。返し馬の走りが全く活かしきれていなかったですし、レースに慣れるまでは芝のゆったりとした距離の方が良いかもしれません』と話していました。パサパサの馬場でもレコードが出たように、今の中京競馬場の馬場は特殊で、前に行ったもの勝ちになってしまっているので、今回のように良いポジションに取り付けられないと辛いですね。ジョッキーが話していたように、前半は砂を被って進みが悪かった割には、途中から自らハミを取って前に行こうとする姿勢は見せてくれたので、経験を積んで行けばもっと良い走りを見せてくれると思います。この後はトレセンに戻って状態を確認したうえで、今後の予定を考えたいと思います」(レース結果)

⇒⇒6日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(7日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:6日に滋賀県・NFしがらきへ放牧

杉山師「トレセンに戻って状態を確認したところ、大きなダメージはなく、体調も変わりありませんでしたが、6日にNFしがらきへ放牧に出させていただきました。走ったなりの疲労は見られましたし、このまま進めていくより、心身ともにリフレッシュさせたうえで次走に向けて進めていく方が馬にとっては良いと思います。砂を被ってフワフワしていたことを考えると、次は芝で走らせたい気持ちがあります。具体的な番組につきましては、牧場で状態を確認しながら検討していきたいと思います」(10/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

返し馬では少し幼い面を覗かせていましたが、パドックでは淡々と周回していたアリーヴォ。馬体は良い感じに仕上がっていて、雰囲気は良かったと思います。

レースでまず注目していたのはスタート後に前目のポジションでレースの流れに乗れるかどうか。ゲート出はそこまで悪くなかったですが、隣りのハンディーズピークが内に切れ込んできたので控えることに。そこで砂を被ることになってしまい、フワフワした走りになってポジションを取りにいくことが難しくなってしまいました。 この時点では上位を窺うのは難しくなったなあと見ていました。

向正面に入っても、アリーヴォと北村友Jはポジションを巻き返そうとせず、中団からの競馬。あえて馬の間に入れているように見えましたし、北村友Jは先を見据えた競馬に切り替えていたように思います。

勝負どころからのペースアップには追走にやや手一杯でポジションを押し上げて行くことは出来ず。4角を回ってくる時の手応えも怪しくなっていました。それ故、最後の直線で追われても反応し切れず。走ろうという気持ちはあったようですが、最後は脚が上がり気味でのゴール。もう少しやれると思ったのですが、悔しい結果に。ただ、上位勢はダートでかなり出世しそうな馬ですし、レベルの高い1戦だったとは思います。心身共に幼さを残す現状では仕方ないかなと。今回のレースを糧に良くなってきてもらわないといけません。

収穫とすれば、返し馬の感触が良く、芝でもやれそうと分かった点。砂を被るとフワフワしたので、北村友Jの進言どおりに次走は芝を早速試して欲しいです。

レース後のアリーヴォは9日にNFしがらきへ放牧済。まずはデビュー戦の疲れを癒し、2戦目へ向けてコツコツ乗り込み、鍛え直してもらえればと思います。デビュー戦は480キロでの出走となりましたが、次走ではプラス10キロぐらいボリュームを増した姿で出てきて欲しいです。ホロ苦い結果に終わりましたが、ここから上昇していくのみです。