焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

最後の直線で手前を替え、ジワッと後続を引き離した瞬間、楽勝ムードだったも、蹄跡に驚いて内へ逃避。ラチに接触して騎手を振り落して競走中止。人馬共に無事だったのは救い。残念なデビュー戦となりましたが、将来性を感じさせる走りを見せる。★ロコポルティ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ロコポルティ(牡・西園)父ヘニーヒューズ 母サダムグランジュテ

土曜中京4R メイクデビュー中京 2歳新馬(ダ1800m)競走中止(2番人気) 川田J

ダッシュ良くスッと先団でレースを運びます。そのまま最後の直線へ向き、粘り込みを図りますが、残り300mあたりで内ラチへ逃避し、ジョッキーが落馬したため、競走を中止しています。なお、令和2年9月20日から令和2年10月11日まで出走停止となり、停止期間の満了後に平地調教再審査を課されています。

西園師「練習の時からゲートの出は速く、折り合いも問題なかったので、初戦から良い走りを見せてくれると思っていました。その通り手応え良く最後の直線へ向いた時はどれだけ突き離して勝ってくれるのかと期待しましたが、残り300mあたりで内ラチに突っ込んで競走を中止してしまいました。ジョッキーの話では『無理せずあの位置でのレースとなり、道中の手応えも抜群に良かったので、どれだけ強い勝ち方を見せてくれるか期待していましたが、最後の直線で肩鞭を入れたところで急に内ラチに逃避してしまいました・・・』と話していました。丁度、逃避したあたりに馬場の中に入る通路があるので、それを見て帰ろうとしたのかもしれません。勝ち馬に並びかけられる形になっていれば違った結果になっていたかもしれませんが、ロコポルティの力が違い過ぎて終始先頭を走る形になってしまったことで、初戦の悪いところが出てしまいました。このような結果になってしまい誠に申し訳ございませんでしたが、力があるのは確かですし、今回の反省を次走に活かせるよう努めていきたいと思います。人馬ともに心配しましたが、川田騎手は大きな怪我もなく検量に戻ってきましたし、馬の方は左前脚に裂傷が見られたものの、骨や筋などに異常は見られませんでした。そして、その日のうちに傷口を縫合してもらいました。レース中に逃避したために平地調教再審査を課されてしまいましたが、怪我をしっかり完治させてから受ける方が良いと思いますので、数日、厩舎で経過観察した後はノーザンファームしがらきへ放牧に出す方向で考えています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

余裕残しの体つきだが、馬っぷりは上々。発馬を決めてハナに立ち、前半1000mが67秒3の超スローペースで行けたが…。直線に向いて追われ出した直後、蹄跡に驚いて内ラチに飛び込み騎手が落馬、競走中止。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動

西園師「トレセンに戻った後も患部は悪化していないですし、体温も高くなることはありませんでした。獣医師から『経過は順調ですが、1~2週間は患部の様子を見ながら治療を行いたい』と話がありましたので、もう暫くこちらで様子を見てもらい、移動の許可が下り次第、NFしがらきへ放牧に出そうと思います」(9/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*

五分のスタートから押し出されるようにハナを奪ったロコポルティ。当面のライバル・メイショウミツヒデがピタッとマークしてきたのは嫌な雰囲気でしたが、Sペースに落として1000m通過が1分7秒2という流れ。これなら追い切りで見せたような瞬発力で対抗できるかなと見ていました。

そして4角を回って最後の直線。メイショウミツヒデを含め、多くの騎手の手が動く中でロコポルティの川田Jの手綱は持ったまま。手前を右に替えるとジワッと引き離しに掛かり、肩ムチを入れて更に突き放そうとした瞬間、ダ1800mのスタート地点で輪乗りしていた際に出来ていた蹄跡に驚いたようでまさかの逃避で内ラチに接触。楽勝ムードからの転落劇。正直、声が出ませんでしたが、人馬共にひとまず無事だったのが救いでした。

パドックに登場してきたロコポルティの馬体重は522キロ。幾らか余裕のある仕上げでしたが、ここまで馬体重があるとはちょっとビックリでしたし、バランスの取れた好馬体は目を惹きました。ここまで良い馬とは正直思っていませんでした。それだけに今回のアクシデントは残念ですが、仕切り直し後に改めて期待したいと思います。

レース後のロコポルティですが、左前脚に裂傷が見られたものの、傷自体が浅かったのが救いで、骨や筋などに異常はなし。ひとまず傷口を縫合をして回復に専念。そして獣医師のOKが出れば、NFしがらきで一旦リフレッシュする予定です。

まあ、今回で能力を秘めることは十分示すことはできたロコポルティ。今回の出来事が後々まで尾を引かなければ、それなりの活躍は見込めそう。また、個人的には若駒はデビュー戦より2戦目の内容を重視しているので、次走では名誉挽回、しっかり立ち直ったところを見せて欲しいです。