焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

低い飛越なのでドキッとする場面は何度かあったも、着地後のスピードダウンは少なく、レースの流れに対応できたのは収穫。道中、外々を回っていた分、最後は伸び切れなかったも、初障害でこれだけ食い下がることが出来れば上々。☆アマネセール

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アマネセール(セ・斉藤崇)父エイシンフラッシュ 母アウトオブザウィム

日曜中京1R 障害3歳上未勝利(障3000m)6着(6番人気) 黒岩J

まずまずのスタートから最初の障害を無難に飛越し、その後は中団7番手を追走します。残り800mから徐々に押し上げて行き、最後の障害を飛越してから懸命に追われますが、上位馬を捉え切るところまで行かず、初めての障害戦は6着で入線しています。

斉藤崇調教師「帰厩時は体が少し細くなってしまったので、戻しながらの調整となりましたが、ここまで時間を掛けて480キロでレースに出走させることが出来ました。レース運びは黒岩悠騎手に任せていましたが、障害初戦としては上々の内容でしたね。レース後、黒岩騎手に確認したところ、『トモをぶつけてバランスを崩すところはあったものの、スピードが鈍ることもなく、しっかり見て飛越していました。初めての障害戦とあって、道中は力の出し具合が分かっていませんでしたが、勝負どころでは手応え良く上がっていけたので、これなら掲示板はあると思いました。結果的に最後の坂で脚が鈍ってしまいましたが、障害センスは良いですし、トモの状態も良くなってきているので、あとは力の出し具合さえ覚えていけばすぐ出番があると思います』と話していました。単調に走る馬なので、スピードを乗せて行きやすい中京競馬場のコースは合っていると思いますし、勝ち馬から大きく負けていないですから、ジョッキーが言うように、障害戦のペースに慣れて力の出し具合が分かるようになればすぐチャンスがあると思います。状態もここにきて上向いていますし、次走はもっと良いパフォーマンスを見せてくれると思うので、レース後の状態が変わりなければもう一度同じ舞台の中京競馬場で使いたいと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:10月4日の中京・障害未勝利戦(黒岩J)

斉藤崇師「トレセンに戻って状態を確認したところ、トモに軽度の擦り傷はあるものの、それ以外に大きなダメージはなく体調も変わりありませんでした。レースの疲労はそこまでなさそうですし、歩様もしっかりしているので、今週いっぱい様子を見てその後も問題なければ10月4日の中京・障害未勝利戦に向かいたいと思います」(9/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トモの良化を促す為、障害練習を取り入れ、そこから発展する形で障害戦へ足を踏み入れることになったアマネセール。このレースは結構、初障害馬が出走してきましたが、それらと比較すると、評価が低かったこともあり、デビュー戦は期待よりも不安な気持ちが強かったです。また、先週の競馬ではピボットポイントがレース中の落馬→引退が決まったこともあり、まずは無事完走という気持ちがより強まっていました。

障害戦は長距離を走ることになるので、パドックでイレ込んでいるようでは厳しいなあと思っていましたが、多少ピリッとしたところは窺えたも、この馬とすれば落ち着いた周回。約4ヶ月半ぶりの実戦ながら仕上がりは良かったと思います。

注目のレースぶりですが、飛越に関しては低め。着地の際にガタッとスピードが落ちることなく、想像以上にスムーズに走れていたのはちょっとビックリ。ただ、低い飛越なので、ドキッとした場面は何度か見られました。そこがトモをぶつけてバランスを崩したというところなんでしょう。

レース自体は淡々と流れ、2週目の3角あたりからジワッとペースアップ。そこで置かれてしまうかなと見ていましたが、アマネセールもしっかり対応。4角を少し勢いをつけて回ると、5番手ぐらいで最後の直線へ。一瞬、外から伸びてくるかなと淡い期待を持ったのですが、最後まで食らい付くのが精一杯。上位馬もしっかり脚を残していて、最後は伸び負けしたように思います。道中、地味に外々を回っていたのが、ひと伸びを欠いたことに繋がったかな? 出来れば、5着までに踏み止まって欲しかったですが、今回の初障害で6着は正直上々の部類だと思います。相手もそれなりに粒が揃っていましたし。

レース後のアマネセールはトモに擦り傷が見られるようですが、腫れは見られないので大丈夫。ひとまず回復を促してから最終決定となりますが、中2週のローテで再度中京で障害2戦目を迎える予定です。1度障害戦を経験した慣れを見込み、余裕を持って前々でレースの流れに乗れれば1歩・2歩と前進は期待できるでしょう。次走では最後まで勝ち負けの争いに食らい付くことが出来ることを願っています。ひとまず良いデビューとなってホッとしています。