焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

馬っ気を出して騎乗者を振り落すアクシデント。我の強さが増してきていることから、早速11日に去勢手術を受け、無事終えています。★バラキエル

f:id:yakifish:20200513045835g:plain バラキエル(牡・大久保)父ロードカナロア 母スリールドランジュ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき

厩舎長「トレッドミルで運動を再開後は体温が上がることもなく、体調が上向いてきたことから、今週からコースで乗り出しました。ただ、活気が戻ってきたのと同時に気難しいところが目立つようになり、先日周回コースで馬っ気を見せて騎乗者を振り落とすアクシデントがありました。新馬戦を使う前は馬房や洗い場で馬っ気を見せるぐらいでしたし、調教ではそこまで気難しいところは見せなかったですが、一度レースを経験したことで我が強くなってきたのかもしれません。このままだと人馬とも怪我をしてしまう恐れがあり、レースでも精神面の悪さがネックとなってしまっていますので、大久保師と話し合った結果、この機会に去勢手術を行い、気性面の改善を図ることとなりました。11日に診療所の都合がついたことからオペを行い無事終了しています。患部の状態が落ち着くまでしばらくは舎飼で様子を見ていく予定となっています。馬体重は511キロです」(9/11近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦大敗後、NFしがらきへ戻ってきたバラキエルは暑さが堪えている様子をみせていましたが、そんな中でも、洗い場や馬房から出す時に立ち上がったりして、馬っ気が目立つように気難しさを更に見せ始めるように。個人的にはそれなら早く去勢してしまえば良いのにと見ていましたが、牧場サイドでは時間の経過と共に落ち着くことを想定していたのでしょう。

ただ、この中間に周回コースで馬っ気を見せ、騎乗者を振り落すアクシデントが合った様子。幸い、放馬には至らなかったようですが、暴れてラチとかにぶつかってしまっても不思議ではありません。

活気が出てきたことで更に我の強さを増してしまったので、人馬共に危険にさらさないように去勢手術を行うことに。手術を回避できる状態ではなくなったんでしょう。早速11日に手術が行われ、ひとまず無事に終えています。

バラキエルにとっては気性面の改善だけでなく、トモの緩さが残る現状なので、この去勢によって体質面の改善・強化も進んで欲しいところ。パンとしてくれば走ってくる可能性はあるので、このタイミングでの手術が良い方へ進んでいってくれることを願うばかりです。