焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

5日にトレセンへ。状態は良さそうなので在厩調整で来月4日の中山・スプリンターズSを目指します。☆ダイアトニック

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ダイアトニック(牡・安田隆)父ロードカナロア 母トゥハーモニー

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路コースでキャンター
・次走予定:10月4日の中山・スプリンターズS(G1)

担当助手「先週こちらに戻ってきた後も大きな問題もなく体調は変わりありませんでした。今週から乗り出していますが、暑さに弱いところがあるので、なるべく朝一番の涼しい時間帯に調教を行うようにしていますし、今週に入って栗東トレセンも気候が涼しくなってきたこともあり、とても良い雰囲気で進められています。よくよく考えると前々走の函館スプリントSの時は適度に気合いが乗っていましたが、前走はいつもに比べると落ち着き過ぎていたように思います。その辺りが影響してしまったのかもしれません。栗東トレセンに戻って少しでも疲れがあるようなら放牧に出すことも考えていましたが、硬さは気にならないですし、コンディションも良さそうなので、このまま在厩させてスプリンターズステークスへ向かいたいと思います」(9/9近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

極悪馬場のキーンランドCでよもやの大敗を喫したダイアトニック。5日に北海道から戻ってきて、状態を再チェックしていますが、暑さにクタッとしている感じはありませんし、この馬とすれば硬さは許容範囲。体調自体は良さそうですし、短期放牧を挟むことなく、在厩調整で秋の大一番・スプリンターズSを目指すことになりました。

北海道での2戦はまさに明暗分かれてしまいましたが、G1を狙えるなら1200mだと思うので、大敗のショックを払拭し、更なる強敵が待ち構える1戦へ守りに入ることなく、攻めの姿勢を貫いて、悔いのない仕上げでレース当日を迎えてもらいたいです。