焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

非凡な脚力を秘めているのは間違いないも、自分で止めたり、物見をしたりと精神面の幼さが目立つ現状。1度実戦を使った慣れは見込めるも、2戦目のここは粒の揃ったメンバー構成。レースセンス・立ち回りの良さで見劣るので、勝ち負けの争いに食い込むのは正直難しいかも。少しずつ良い方へ進んでいってくれれば…。★フライングバレル


f:id:yakifish:20200513050027g:plain フライングバレル(牝・安田隆)父ロードカナロア 母スピニングワイルドキャット

9月12日(土)中京1R・2歳未勝利・牝馬限定・芝1400mに川田Jで出走します。9月9日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン81.5-66.3-51.9-38.1-11.9 7分所を叩き一杯になっています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒9追走して同時入線。追い切りの短評は「格上馬に食い下る」でした。発走は9時50分です。

○安田調教助手 「9月9日(水)はジョッキーの手綱で。乗り味や素質を評価する一方で、まだ前向きさに欠ける現状・・・と感想を述べていました。どうも用心深いタイプなのか、全力を出し切れていない印象。ひとまず今回はメンコを着用して臨む予定です」

≪調教時計≫
20.09.09 川 田 栗東P良 81.5 66.3 51.9 38.1 11.9 叩き一杯 デュープロセス(古馬オープン)馬なりの内0秒9追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回中京1日目(09月12日)
1R 2歳未勝利
芝1400メートル 指定 牝馬 馬齢 発走09:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 クィーンベロニカ 牝2 53.0 斎藤新
2 2 アシナダカ 牝2 54.0 藤井勘一郎
3 3 エイシンリベルタス 牝2 54.0 松若風馬
4 4 ジョイフルラブ 牝2 54.0 川又賢治
4 5 セリシア 牝2 54.0 岩田康誠
5 6 ペガサスウイング 牝2 54.0 北村友一
5 7 シゲルセンム 牝2 54.0 幸英明
6 8 ベルヴォーグ 牝2 53.0 岩田望来
6 9 フライングバレル 牝2 54.0 川田将雅
7 10 グランデフィオーレ 牝2 54.0 松山弘平
7 11 トーアアネラ 牝2 54.0 小崎綾也
8 12 シゲルジョウム 牝2 54.0 酒井学
8 13 エムティースマイル 牝2 53.0 富田暁 

安田隆師 「攻めでも実戦でもまだ前進気勢に欠ける感じが。乗り味はいいし、使ったことで前向きさが出てくれれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

新潟でのデビュー戦は1番人気に支持されたフライングバレル。パドックで見た馬体はボリュームがあって、馬っぷりの良さは抜群。ちょっと雰囲気が違うなあと感心していたのですが、レースへ行くと豹変。ゲート入りを渋ったり、他馬に気を遣いながらの追走、追ってからピリッとした脚を使えなかったりと精神面の課題が露呈。ロード馬にありがちな心身の幼さがゴール前でのひと伸びを欠くことになり、平凡な走破時計の4着に終わってしまいました。

前走後は、すぐここを目標に据え、滋賀・グリーンウッドへ短期放牧。2週間ほどの滞在でデビュー戦の疲れを癒し、状態を押し上げて栗東へ。帰厩後は坂路中心で乗り進められ、1週前追い切りはCWコースで走りのバランスを確認し、最終追いはポリトラックでビシッとやって、格上馬に食らい付く動きを披露。秘めたる脚力は間違いなく素晴らしいモノがありますが、自分で走るのを止めたり、物見するような場面があったりと走ることへの集中力&前向きさが足りない面も相変わらず目立ちます。経験を積みながら、そういう面は解消していって欲しいですが、正直時間が掛かるかも。今回はメンコを着用してレースへ臨むようですが、チークピーシズブリンカーといった矯正馬具を使用しないとダメに思います。

相手関係に目を遣ると、デビュー戦で2着としっかり結果を出した3頭を中心に粒の揃った1戦。レースセンスを感じさせる立ち回りの良さから結果を出しているので、ライバルは今回も確実に力を発揮しそうなのに対して、フライングバレルはレースへ行ってみないと分からない不安定さ。追い切りで感触を掴んでくれた川田Jの手腕でどこまで対抗してくれるか。

個人的にはデビュー戦よりも2戦目の内容・結果を重視。集中力の欠如から詰めの甘さが出る分には良いのですが、自分から走るのを止めてしまって自滅する敗戦だけは避けてもらいたいです。