焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資理由】リプリートⅡの19

f:id:yakifish:20200827034815j:plain
f:id:yakifish:20200513045835g:plain リプリートⅡの19(牝・安田翔)父Galileo

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「現在は夜間放牧を継続していますが、以前より体を大きく見せるようになり、順調に成長していますよ。馴致の方は洗いと鞍付けを並行して行っていますが、洗いに関しては開始当初から優秀で、近いうちには一人で洗えるぐらいまで進んでいます。また、鞍付けの方もここまで問題なく進められているので、この調子で育成厩舎への移動に備えて準備を行っていければと思っています。馬体重は408キロです」(8/15近況)

○馬体重 401キロ 体高 152.0センチ 胸囲 171.0センチ 管囲 19.0センチ(募集時)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

現2歳のグレイシャーパーク同様に海外血統の牝馬に出資したいと思い、触手が伸びたのがリプリートⅡの19。小柄な牝馬+日本の馬場に合わない父なので人気はありませんでしたが、動画を見ると、前脚の可動域は広く、繋ぎや膝の関節は硬さを感じない歩様。適度な前向きさでキビキビ歩けているのが目に留まりました。

ただ、性格とかは牝馬らしい繊細を持ち合わせている感じ。ストレスが掛かると、カイ食いが落ちたりと調整の難しさがこれから出てくるのかなと想像します。ですので、周りの動向に左右されず、マイペースで進めていってもらえればと思います。早めにリフレッシュ期間を設けていくのも1つ手でしょう。

預託先の安田翔厩舎は馬の入れ替えが上手とは言えないも、ロード馬もお世話になっていく厩舎なので、このタイミングで1度経験してみるのもありだと思いました。

血統面でのポテンシャルは高いと思うので、嵌れば大きなところを狙える馬に育つかもしれません。