焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

圧倒的人気を集めた馬の競走除外はあったも、残り800m地点で外へ持ち出すと捲り気味に一気に進出開始。接触などで2度ほど外へ振られるも、気持ちを切らさずに長く脚を使って懸命の追い上げ。勝ち馬には離されるも、ゴール前の競り合いから首差抜け出して2着へ。内容の濃いレースぶりで今後の活躍が楽しみに。☆ロードラスター


f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードラスター(牡・千田)父リオンディーズ 母スターコレクション

8月23日(日)小倉5R・2歳新馬・混合・芝1800mに菱田Jで出走。15頭立て5番人気で1枠2番からスローペースの道中を10、10、11、6番手と進み、直線では大外を通って0秒8差の2着でした。馬場は稍重。タイム1分51秒8、上がり36秒1。馬体重は484キロでした。

○千田調教師 「もう少し初戦は序盤にモタモタするのかな・・・と。思ったよりは付いて回れました。途中から捲ったのも、結果的に良かった感じ。最後まで長く脚を使っており、頑張ったと言えるでしょう。まずはトレセンへ戻ってレース後の様子を確認。その上で新たなプランを検討する方針です」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がる。中団やや後ろ。3角過ぎから大外を進出して、直線入り口ではメイショウユウスイの外へ。長く脚を使って追い上げ、ゴール寸前で2着手に浮上。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後に全体的な疲労感が認められます。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は近日中に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して秋の戦列復帰へ向けて心身の立て直しを図ります。

○千田調教師 「脚元等に関しては大丈夫ながら、幾らか身体を減らしている印象。真っ黒な毛色だけに、暑い時期も苦手かも・・・。そのあたりを踏まえて、トレセン近郊の牧場へ。1ヶ月を目安に立て直しの時間を設け、秋の戦列復帰を目指したいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

追い切りで目立つ時計は出ていなかったも、ひと追い毎に動けるようになっていたロードラスター。競馬ブックで2歳戦の本紙担当をしている西村TMがツイッターで朝の追い切りで印象に残った2歳馬として挙げた3頭の中の1頭がラスターで、デビュー戦の本紙は本命。ディープモンスターという評判馬が出てきましたが、秘かにやれそうな気はしていました。ただ、非力なタイプなので、レース当日にザザッと雨が降り、馬場が渋ってしまったのは痛いなあと見ていました。

パドックでのラスターはロード馬らしく心身の幼さを覗かせるかなと少し心配しましたが、ひとまず落ち着いた周回。尻尾を振るケースが多かったので、イラついているのかなとも思いましたが、癖みたいなもので悪影響はなかったです。馬場へ出ても、平常心を保ち、この馬なりに集中してレースへ臨めたと思います。

その一方で2倍を切る圧倒的人気を集めたディープモンスターは返し馬でスイッチが入ってしまい放馬。何とか捕まり、発走地点までやってきたのですが、結局は疲労が顕著ということで競走除外。レースは一気に混沌とし出し、各馬の単勝オッズはガラッと変わっていました。勿論、ラスターには大きな追い風に。

スタートは互角以上に出てくれたラスターですが、少し伸び切った感じだったの為、二の脚は付かず。菱田Jは無理に急がせることはせず、リズム重視で中団のやや後ろからレースを進めることを選択しました。道中は折り合いが付いて、脚を溜めながら追走。ただ、向正面では前にいたゴールドケリーの行きっぷりが一息で、外へ持ち出そうとすると他馬が外から寄せてきてフワッと。動きづらいところに入り、更にポジションを下げてしまったのは痛かったです。

そんな中、残り800m地点でやや強引に外目に持ち出すと、勢いをつけながら馬群の外を捲るように一気に進出。4角手前で外へ振られる形になるも、何とか辛抱して最後の直線へ。そこで外へ振られることになったメイショウスイセイと軽く接触。ちょっと過敏に反応して外へヨレてしまうも、再度立て直すとゴール寸前まで懸命の伸び。最後は苦しくなって内へモタれ加減でしたが、勝負根性を発揮して2着に食い込んでくれました。

ちなみに勝ったのはディープモンスターの除外によって1番人気になったグラティトゥー。サッと好位をキープして道中は溜めが利いて凄い手応え。4角手前からジワッと仕掛けていくと、直線は後続を問題とせず。危なげない完勝と1頭レベルの違いを見せつけましたが、パンパンの良馬場ならもう少し差は詰めることは出来たかなと思います。

 レース後のロードラスターですが、脚元等に異常は見受けられないも、一生懸命走ってくれたことで馬体は細くなっている様子。青鹿毛なので暑さにちょっと弱いところもあるのでしょう。走りそうな感触を掴めましたし、ここは無理をせずに一旦リセットするのは賢明な判断。早めに楽をさせることで、状態の落ち込みを防いでもらえればと思います。

母スターコレクションもデビュー戦は動けませんでしたし、その仔のラスターも使いつつ良くなってくれればと思っていたので、離されたとはいえ内容の濃いレースには大満足。思い入れの強い母の仔なので素直に嬉しいですし、今後への期待が高まりました。また、リオンディーズの産駒はキンカメ系では珍しく、芝向きの素軽い走りをする仔が多そうなので、今後も積極的に出資していきたいです。