焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

中間の調整はこの馬とすれば少し手緩い印象も、動き&時計は上々。距離は乗り方次第で対応できると思うので、時計の速い決着に対応すべく道中は距離ロスの少ない競馬をして欲しい。11頭と頭数が落ち着いたことも味方にしてどこまでやれるか。★ナイトバナレット


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ナイトバナレット(牡・矢作)父ディープブリランテ 母ナイキフェイバー

土曜小倉10R 宮崎特別(芝1800m)4枠4番 松若J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:19日に坂路コースで追い切り

担当助手「前走から間隔が詰まっていますし、小倉までの輸送が控えているので、19日の追い切りは単走で反応を確かめる程度に控えました。それでも楽に時計が出ているぐらいですから、一度使った上積みがありますね。前走は休み明けとしてはそこまで太くはなかったですし、良い状態で出走させることが出来ましたが、最後の伸び脚を見ると久々の分が影響したのかなと思います。使って良くなる馬なので、今回は更に良い走りを見せてくれると思いますし、後は4つのコーナーと1800mの距離にどれだけ対応してくれるかがカギになりそうです。一度同じ条件に出走した時は、折り合いに課題を残している時期でもありましたし、レース中に鼻出血を発症していたので、度外視して良いと思います。左回りのマイルがベターだと思いますが、この条件でもコンディションの良さを活かした走りを見せてほしいですね」(8/20近況)

助 手 19栗坂良 52.6- 37.8- 24.5- 12.3 強めに追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回小倉3日目(08月22日)
10R 宮崎特別
芝1800メートル 3歳上2勝クラス 指定 混合 定量 発走15:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 レイトブルーミング 牝4 55.0 国分優作
2 2 ヤマカツパトリシア 牝3 52.0 鮫島克駿
3 3 タイクーンバゴ 牡3 54.0 国分恭介
4 4 ナイトバナレット 牡6 57.0 松若風馬
5 5 ヴィント 牡4 57.0 酒井学
6 6 ナリス 牝4 55.0 藤岡康太
6 7 デクレアラー 牡5 57.0 松山弘平
7 8 ギャツビー 牡7 57.0 幸英明
7 9 エイシンルカーノ 牡6 57.0 和田竜二
8 10 アドマイヤジョラス 牡6 57.0 川田将雅
8 11 ゼンノジャスタ 牡3 54.0 田中健

○岡助手 「調教はしっかりやれています。道中で脚がたまれば、終いはきっちり伸びる馬。末脚が生きる展開になってくれれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左前脚の球節の腫れで少しレースが開いた前走。帰厩からレースまでさほど時間がなかったので太目残りを心配したのですが、汗を掻きやすい時期+新潟への輸送で馬体増はなし。理想はマイナス体重でしたが、力を出せる状態で出走できたと思います。

レースでは五分のスタートから馬の気持ちに任せての追走。折り合いもつき、マズマズの雰囲気だったと思います。そして新潟の長い直線で末脚発揮と行きたかったのですが、ギアがグンと上がることなく、ジワジワ&ジリジリした伸び。勝ち馬はナイトバナレットよりも後ろから悠々と差し切ったように格の違いを見せつけられましたが、スッキリ伸び切れない中でも懸命に脚を伸ばしての6着は良く頑張っていると言えるでしょう。

前走後は在厩調整を続け、先週の新潟の新発田城特別へ出馬投票するも除外に。新潟から矛先を小倉へ向け、この宮崎特別への出走となりました。中2週のローテで追い切り3本というのは、この馬とすれば物足りなく感じますが、夏場で1度使っているというのもあるのかな? 19日の最終追いは単走で追われましたが、時計自体は上々。使ったなりの上積みはあると思います。

今回の舞台は小倉・芝1800m。距離に関しては微妙なところはありますが、中団から後方で構えて末脚を生かす競馬をするので対応は可能かと。ただ、勝負どころから外々をまわしていくと最後に脚が上がってしまうでしょう。松若Jはハミに敏感な馬に対してソフトに乗ってくれるので私の出資馬ではロードクエストとの相性が良かったですし、クエストと良く似たタイプのナイトバナレットとも相性が良い筈。

今回は2度目の騎乗で掴んだところはあるでしょうから、道中は出来るだけ内々で立ち回り、直線だけ外へ出す乗り方をお願いしたいです。勿論、終始内に拘って、馬群を捌いてくる形も大歓迎です。高速決着になっている今の小倉の馬場は合っているとは言えないので、乗り方をひと工夫して弱点を補うように乗ってもらいたいです。また、11頭と頭数が落ち着いたのが良い方へ出て欲しいです。