焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

走ることが嫌々で、最近は馬場へ出るのに一苦労。追い切りでも自分からブレーキを掛けるように。集中力を維持するためにこの距離を選びましたが、追走に手間取るのは明らか。砂を被って走ることを拒否しなければ良いのですが…。★オーサムゲイル


f:id:yakifish:20200513045835g:plain オーサムゲイル(牝・高柳大)父キンシャサノキセキ 母シーズインクルーデッド

日曜札幌2R 3歳未勝利(ダ1000m)8枠12番 山田敬J

・在厩場所:札幌競馬場
・調教内容:19日に札幌ダートコースで追い切り

高柳大師「19日に札幌ダートコースで追い切りました。山田敬Jに感触を確かめてもらったところ、『馬場には何とか入ってくれましたが、道中は自分から進んで行こうとする気持ちがもう一つでブレーキを掛けているような感じでした。最後の直線もバテているわけではないけど、もう一つ伸びを欠いた走りでした』と話していました。先週末に時計を出す予定でしたが、馬場入りの際にかなりゴネてしまい、結局時計を出すことが出来ませんでした。普段は素直でとても大人しい馬なのに、走りに対して後ろ向きなところが目立ちますね。1700mに距離を延ばせば追走そのものは楽になると思いますが、気持ちが持続しないと思うので、1000mの方が集中力を切らすことはないと思います。コンディションは良いですし、気持ちが走る方に向けばもっと良い走りが出来ると思うので、山田敬Jには出遅れないように心掛けてもらい、最後まで諦めずにレースを運んでもらいたいと思います」(8/19近況)

山田敬 19札ダ良 71.5- 56.0- 41.7- 13.8 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回札幌4日目(08月23日)
2R 3歳未勝利
ダ1000メートル 指定 馬齢 発走10:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ヒボン 牝3 53.0 団野大成
2 2 パイプライン せ3 56.0 柴山雄一
3 3 メイショウアレス 牡3 53.0 秋山稔樹
4 4 スパークルアゲン 牡3 55.0 木幡育也
5 5 ハーイ 牝3 54.0 横山和生
5 6 ディスイズミー 牡3 56.0 桑村真明
6 7 マコトヤマンバギリ 牡3 56.0 吉田隼人
6 8 ホウオウエインセル 牝3 54.0 川島信二
7 9 クレヴァージャッジ 牡3 56.0 勝浦正樹
7 10 ゴールドリアリティ 牝3 52.0 亀田温心
8 11 サンデスヴァレー 牝3 54.0 黛弘人
8 12 オーサムゲイル 牝3 51.0 山田敬士

○嘉堂助手 「放牧明けだが、体が増えてきているように滞在が合う。ダートも合うし、今回は3キロ減も起用。もう少しゲートを出れば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

地方交流戦で大敗を喫している時点でJRAで1勝を挙げるのは相当厳しいと分かっているオーサムゲイル。繊細+非力な馬なので輸送によるリスクを避けるために前走では滞在競馬を選択。変わり身を見せるなら滞在競馬で臨む今回しかないと少し楽しみでもありましたが、馬体重を増やして出走することが出来ただけで、レースぶりはサッパリ。

競馬は苦しいものだと強く認識している馬なので、走ることに関してはかなり後向き。スムーズに馬場入り→返し馬が出来ませんし、レースではゲートが開いてから進んでいきません。前走は道中の追走に手一杯でゴールへは流れ込んだだけ。その結果、タイムオーバーによる出走停止を食らってしまいました。

前走後はNF空港で再調整。牧場ではストレスが軽減されることから、馬体をフックラ見せ、しっかり乗り込むことが出来ています。ただ、札幌競馬場へ入ってからは、それまでの良い雰囲気が一変。調教では馬場へ出るのに一苦労ですし、追い切りでは自分からブレーキを掛ける仕草。だんだんとその程度が酷くなっています。

今回、集中力の維持を重視してダ1000mを選んできましたが、前走以上に追走に手一杯になるでしょうし、砂を被ると、立ち止まって走ることを止めてしまうかもしれません。騎乗依頼を受けてくれた山田敬Jには苦労を掛けることになるでしょうが、まずは無事完走してもらい、その中で1頭でも多く交わしてくれることを願っています。