焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

10月11日の東京・毎日王冠から始動することが決定。☆サリオス

f:id:yakifish:20200513045835g:plain サリオス(牡・堀)父ハーツクライ 母サロミナ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・次走予定:10月11日の東京・毎日王冠(G2)
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター2250m、週3回周回コースで軽めのキャンター2250m

担当者「先週より乗り込み量を増やしています。周回コースでの運動では自分のリズムを守って走ることが出来ていますが、手前を替えてくれないのが課題ですね。レースでもそのような面がありますし、なるべくその課題を修正して進めていければと思います。ただ、動きはかなり良くなってきましたよ。馬体重は574キロです」

堀師「何度か牧場で状態を確認させていただいていますが、移動直後はかなり疲れがあったものの、それも順調に回復してきているようですね。大きな問題なく坂路コースでの調教を行えているということですし、秋についてどうするか相談させていただいた結果、10月11日の毎日王冠で始動する方針となりました。ここまでのレースを振り返ると、現状はマイルから2000mくらいがこの馬のパフォーマンスを発揮するのに適しているのではと考えており、それを踏まえて予定を立てさせていただきました。今後も牧場サイドと連携を取りながら、いつトレセンに戻すかなどの具体的な話を詰めていければと思います」(8/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

乗り込み量を増やすも、淡々と調教メニューをこなすことが出来ているサリオス。手前をスムーズに替えられないのは課題ですが、右トモに弱さがあるのでそれが影響しているのでしょう。

また、この中間、牧場サイドと堀師との打ち合わせが合ったようで、秋の始動が10月11日の東京・毎日王冠に決定。古馬相手にどこまでやれるか多少不安はありますが、東京・芝1800mなら走りやすい筈。今の雰囲気ならレースまで十二分に間に合うでしょうから、逆算しながら状態を上げていってもらえればと思います。

サリオスは少し勝ち星から遠ざかっているので、久々に勝利を挙げ、次のG1(マイルCSor天皇賞・秋)へ弾みをつけてもらいたいです。