焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

まだまだ馬体に緩さが残って前向きさが少し足りないも、乗り込み入念で仕上がりは上々。初めての実戦で戸惑わなければ、デビュー戦から内容のあるレースを期待できそう。☆カラパタール

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カラパタール(牝・池上)父カレンブラックヒル 母ロッシェノワール

土曜新潟6R メイクデビュー新潟 2歳新馬牝馬(芝1400m)3枠5番 丸山J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:12日に南Wコースで時計

池上師「12日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はカラパタールが追走して行く形で、最後はしっかりと馬体を並べてゴールしています。こちらとしては少しコントロールが利きすぎるかなという印象を持っていたのですが、乗ってもらった元気(丸山元気騎手)は『前向きな気持ちがありますし、追えばしっかりと伸びてくれそうですよ』と言っていて、感触は悪くなかったようで良かったです。本質的にはもう少し距離がある方が良いのかもしれませんが、新馬戦でペースはそれほど速くならないでしょうし、スタートセンスは悪くないですから対応できるはずです。上手く流れに乗って進められれば、調教の感じからは良い走りを見せてくれると思いますから、頑張ってもらいたいですね」(8/13近況)

助 手 9美坂良 58.8- 42.4- 27.4- 13.7 馬なり余力
丸 山 12南W良 67.5- 52.7- 36.9- 12.8 馬なり余力 アエローザ(三未勝)馬なりの内0.6秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回新潟1日目(08月15日)
6R メイクデビュー新潟 2歳新馬
芝1400メートル 指定 牝馬 馬齢 発走13:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 フライアカイト 牝2 54.0 田中勝春
1 2 タイガーリリー 牝2 54.0 杉原誠人
2 3 ピックアペタル 牝2 53.0 斎藤新
2 4 キョウエイロナ 牝2 52.0 菅原明良
3 5 カラパタール 牝2 54.0 丸山元気
3 6 トーセンサンドラ 牝2 54.0 武士沢友治
4 7 ベルザキャット 牝2 54.0 西村太一
4 8 スノウリリー 牝2 54.0 柴田大知
5 9 グラスファミーユ 牝2 54.0 的場勇人
5 10 アプリ 牝2 53.0 菊沢一樹
6 11 ブルーダイヤ 牝2 54.0 津村明秀
6 12 サンミラー 牝2 54.0 M.デムーロ
7 13 ブルーライト 牝2 54.0 嘉藤貴行
7 14 キュン 牝2 54.0 岩田康誠
7 15 グリーンシュート 牝2 53.0 木幡育也
8 16 ムーニーアイズ 牝2 54.0 江田照男
8 17 トップシンデレラ 牝2 54.0 野中悠太郎
8 18 ルルローズ 牝2 54.0 木幡巧也

○池上師 「もう少し自分からハミを取って欲しいが、牝馬ながら操縦性は高い。順調に来ているし、力は出せる状態にある」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回追加募集馬の中で1番人気のなかった馬ですが、出資する機会の少ない父カレンブラックヒルと堅実な母系に惹かれての出資となったロッシェノロールの18ことカラパタール。線の細い牝馬なので非力さが残るも、ピッチ走法で脚取りは軽やか。軽い芝で良さが出るんじゃないかなと見ています。

育成時のカラパタールは父方のダイワメジャーの煩い面が出てくることを懸念しましたが、基本的には無駄なことをしない優等生タイプ。操縦性の高さは乗り手から評価されていました。

そして初入厩となったのが5月下旬。入厩後もテンションが上がるようなことはなく、牧場時同様に優等生。競走馬としての第一関門のゲート試験は約1週間で突破してくれました。ただ、合格後には皮膚病を発症。見た目は落ち着きを保てていても、若駒らしく内面での弱さが残るので、その後はNF天栄で再調整することになりました。

まず、NF天栄では初入厩による疲れ・ゲート練習によるストレスを時間を掛けて解消。その後は坂路調教メインで乗り込みを強化してきましたが、動きはマズマズも、2歳の夏なので仕方ない面はありますが、馬体の緩さは再三指摘されることに。そういう面があるので、気持ちと馬体が噛み合った動きは出来ていません。使っていって少しずつ芯が入ってくれれば、良い意味でピリッとして前向きさも出てきてくれるのかなと思います。

帰厩後の追い切りに関しても、操縦性が高い一方で、もう一つ自分からグイグイ行く面は少ない様子。そこに物足りなさはあるも、時計に関しては水準級のモノは出ています。距離もこれぐらいがピッタリだと思うので、デビュー戦からそれなりに頑張ってくれる筈。15頭の除外が出た中、出走枠に滑り込んでくれた運の良さも生かして、まずは内容のあるレースを見せてくれればと思います。丸山Jは最終追いに跨って特徴は掴んでくれたと思うので、初実戦で戸惑うカラパタールを上手にエスコートしてもらいたいです。