焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

着順は冴えなかったも、芝替わり+距離延長で最後までじわじわ脚を使う。次走へ向けて少し可能性を見い出すことが出来たも、レース後に右前の歩様に違和感。診断の結果、橈骨遠位端の剥離骨折が判明。呆気なく競走馬登録を抹消することになりました。★パーフェクトルール

f:id:yakifish:20200513045835g:plain パーフェクトルール(牡・小崎)父ルーラーシップパーフェクトジョイ

日曜新潟4R 3歳未勝利(芝2000m)11着(11番人気) 西村淳J

ややモッサリとしたスタートから、無理せず中団からレースを運びます。そのまま最後の直線へ向き懸命に追われますが、目立った脚は使えず11着でゴールしています。

小崎調教師「新潟競馬場に到着した後も問題なく、良い状態でレースに臨めました。テンから急がせるとフォームがバラバラになってしまうので、前半は無理せずリズムよく追走してほしいとオーダーしていました。その通りレースを運んでくれましたが、最後はジリジリ伸びてくれたものの、位置取りの差もあって上位馬を捉えるところまで行かなかったですね。レース後、西村淳Jにどうだったのか確認したところ、『初戦よりも逞しくなって芝の走りも良かったです。距離はもう少しある方が良いポジションでレースが出来ると思いますし、使って更に良くなってきそうです』と話していました。ただ、レース直後は気にならなかったのですが、トレセンに戻って馬運車から降ろした際に右前の歩様が気になったので、詳しく検査したところ、橈骨遠位端を剥離骨折していることが分かりました。距離を延ばせばもっと良い走りが見られるのではないかと思っていた矢先の出来事で、申し訳ない気持ちでいっぱいです」(レース結果)

中央競馬の未勝利戦があるうちでの出走、ならびに中央再登録を目的とした地方競馬での年内2勝も難しい状況となりましたので、今後について協議を行った結果、誠に残念ではございますが、近日中に競走馬登録抹消の手続きを行うこととなりました。なお、今後についての詳しいご案内は、後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 デビュー戦の福島では心身の幼さが目立ったパーフェクトルール。それから約2ヶ月半、NFしがらきや厩舎で鍛えられてきたことで、劇的に変わってきた感じはなかったも、シャキッとした感じで確実に良くなっていることは実感。パドックでも幼い仕草は減っていたように思います。

レースぶりですが、スタートは正直良くなかったですし、芝での行きっぷりはもう1つ。急かすとフォームがバラバラになる恐れがあるので、軽く促しながら中団よりやや後方でレースを進めることになりました。道中の折り合いは問題なく、パーフェクトルールなりに淡々と走っていたと思いますが、勝負どころでのペースアップには内々をロスなく立ち回ることで何とか対応。手応えはさほど良くなく、内回りの少しキツいカーブで鞍上の手・体は徐々に激しくなり、何とか推進力を出そうと頑張ってくれましたが、直線でギアが1つ上がることはなかったです。ただ、追われてからフォームがバラバラになるようなところはなく、この馬なりに最後までじわじわ脚を使ってくれました。結果は11着ともう1つ冴えませんでしたが、芝+距離延長で少し可能性を見い出すことは出来たと思いました。

ただ、トレセンへ戻って、歩様を確かめたところで違和感を確認。詳しく検査を行ったところ、右前脚の橈骨遠位端の剥離骨折が判明してしまいました。そして協議の結果、非常にアッサリした感じで現役引退へ。時間が足りない中、成長の余地はあっただけに残念な思いもあるのですが、客観的に見れば、この判断は致し方ないでしょうねえ。

遅生まれでグングン体を大きくしていく中、左前の歩様を悪くし、その後に右トモの歩様を悪化。急ぐ必要はなかったのに、早めに乗り出しを再開し、負の連鎖が続いたのが今にして思えば痛かったです。パーフェクトルールの今後の馬生が少しでも良いものになることを願っています。お疲れ様でした。