焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

右前の歩様に気になるところを発見。獣医師に診てもらったところ、挫跖の診断が下る。予定を白紙に戻して回復に努めてもらいたい。★クールキャット


f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット(牝・奥村武)父スクリーンヒーローメジロトンキニーズ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整

奥村師「先週末に運動を行おうと馬房から出したところ、右前の歩様がもう一つでした。そこで先週末は時計を出さず様子を見ていたのですが、時間の経過とともに最初見られた指動脈の張りは段々と治まってきています。ただ週明けになっても、真っ直ぐ歩かせると大丈夫なものの、旋回やダクをさせるとまだ歩様には見せている状況だったので、獣医に診てもらったところ、診断としては挫跖ということです。回復自体は順調ですが、さすがにこのまま競馬に向けて進めていくのは良くないですし、一旦仕切り直す方向で考えています」(7/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

17日に帰厩後、なかなか時計を出さないなあと見ていたクールキャットですが、馬房から出したところで右前の歩様が今一つなのを確認。その後、時間の経過と共に状況を見守っていたようですが、旋回やダクをさせると歩様に違和感が残るので、獣医師に診てもらったところ挫跖という診断が下りました。

日に日に症状は落ち着いてきているようですが、『一旦仕切り直す方向』とのこと。もう少し厩舎で治療を行ってから、NF天栄へ放牧に出ることになると思います。早めに賞金を加算出来れば勿論良かったですが、素質を秘める馬だと思うので、ここでしっかり悪い流れを断ち切り、デビュー戦を快勝した東京の舞台から再始動してもらいたいです。