焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

秘めている素質は今の未勝利では明らかに上の存在も、ブランクが長い中で芝2600mというタフな舞台。ライバルは長めの距離で結果を出している馬ばかりなので客観的に見ると分が悪そう。まずは5着以内を確保して次走以降に繋いで欲しい。☆リアンティサージュ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain リアンティサージュ(牡・須貝)父オルフェーヴルローブティサージュ

日曜函館6R 3歳未勝利(芝2600m)6枠12番 C.ルメールJ

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:15日に函館芝コースで追い切り

担当助手「15日に芝コースで追い切りました。先週の段階では体に余裕があり、息づかいももう一つでしたが、今週は道中の手応えが良く、仕掛けてからの反応・動きともにとても良かったですよ。古馬OPのアドマイヤジャスタに引けを取らない動きを見せてくれましたし、良い仕上げでレースに臨めそうです。この中間もゲート練習を行いましたが、モッサリしたところもなく反応は良かったので、初戦よりはいいスタートを決めてくれると思います。後は2600mの距離にどれだけ対応してくれるか半信半疑なところがありますが、ムキになって走る馬ではないですし、リズムよく走れば問題ないと思います。当初、吉田隼Jに依頼していましたが、ルメールJが騎乗出来ることになったので、予定を変更して投票させていただきます」(7/15近況)

助 手 11函W良 42.5- 13.2 馬なり余力
助 手 12函W良 45.4- 14.8 馬なり余力
助 手 15函芝良 66.1- 50.4- 37.4- 11.8 強めに追う アドマイヤジャスタ(古オープン)一杯の内1.0秒先行クビ先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回函館6日目(07月19日)
6R 3歳未勝利
芝2600メートル 指定 混合 馬齢 発走12:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ラジゼル 牝3 51 秋山稔樹
1 2 ゴールデンスターズ せ3 56 和田竜二
2 3 キンブレル 牡3 56 藤岡康太
2 4 ゴールデンゴール 牡3 56 松田大作
3 5 ガニュメデスレイ 牡3 56 藤岡佑介
3 6 タイミングハート 牡3 56 武豊 
4 7 エボカシオン 牡3 56 岩田康誠
4 8 ラガーヴィーヴ 牝3 54 菱田裕二
5 9 ディーエスハリアー 牡3 56 勝浦正樹
5 10 ゴールドスナイパー 牡3 56 柴山雄一
6 11 タマサイ 牝3 54 黛弘人
6 12 リアンティサージュ 牡3 56 C.ルメール
7 13 クリノターハイ 牡3 56 丹内祐次
7 14 ウィルビーハッピー 牡3 56 大野拓弥
8 15 セーリング 牡3 56 池添謙一
8 16 スカイボルト 牡3 56 国分恭介

○須貝師 「素質がある馬だし、帰厩後の雰囲気も凄くいい。能力を出し切れば楽しみ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2歳夏の小倉での新馬戦では後のポープフルS2着・日本ダービー3着のヴェルトライゼンデと人気を二分していたリアンティサージュ。父を彷彿とされる毛色で軽やかな歩様から素質を感じさせましたが、レースではゲートでの立ち遅れ+渋った馬場が応えて4着に押し上げるのが精一杯。それでも最後に伸びてきた脚色は次走に期待を持たせるものでした。

この内容ならすぐ勝てそうだったのですが、そこから10ヶ月半もの期間が空いて2戦目を迎えることになろうとは…。今年の初めには出走の態勢が整い、復帰戦も決まっていたのですが、右トモの歩様に違和感を感じて自重。その後、詳しく検査をするためにNF空港へ連れて行き、出来るだけ早めの復帰を目指していくも、トモの疲れが再発したり、全体的に疲れが出たりで我慢の日々。そしてようやく状態が整い、帰厩が叶ったのが、今月1日のことです。

函館競馬場へ移動後のリアンティサージュはひと追い毎に負荷を高めていき、動きの質は上昇。追い不足で息遣いが整ってない中でも非凡な脚力を披露。そして15日の最終追いでは函館記念に出走予定のOP馬アドマイヤジェスタとの併せ馬を敢行。大きく先行する形でしたが、最後までしっかり脚を伸ばしてクビ差先着。映像を見ると、大きなフットワークで駆けていたのでトモの不安はだいぶ解消されたと言えるでしょう。また、意欲的に追われたことで中身はグッと整ってきてくれたと思います。

ただ、2戦目の舞台に選んできた2600mの距離がリアンティサージュに合っているかとなると正直疑問。デビュー戦の走りを見ると、多少の距離延長は対応できそうに思いましたが、さすがに800m延びるのが…。おそらく今回もゲートは遅いと思うので、中団から後方にかけての追走になろうかと思います。折り合いは大丈夫でしょう。あとは小回りコースなのでどのタイミングで押し上げて行くかがポイント。当初、吉田隼Jとのコンビで出走予定でしたが、C.ルメールJが空いていたことから急遽スイッチ。リーディング争いでトップに立つ鞍上の手腕に託すのみですが、簡単ではありません。

また、相手関係に目を遣ると、血統馬のタイミングハートを始め、上位人気馬は2400m~2600mで良さを見せている馬達ばかり。ポテンシャルは見劣ることはないと思うのですが、ブランクが長すぎて今回は2度目のデビュー戦みたいな感じなので、客観的に見るとやはり分の悪さは感じます。勿論、勝ちに行って欲しいですが、まずは無事に走り終えて欲しいですし、次走へ繋ぐ意味では5着以内の確保が何気に重要でしょう。

将来的には上のクラスでの活躍を期待できる素材。まだまだ我慢の競走生活が続くかもしれませんが、1歩1歩良い方へ進めていけるようにリアンティサージュには厳しい状況下でも踏ん張っていってもらわないといけません。