焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

良い状態で出走できたと思うも、元気が有り余っている分、飛越が雑になってしまった印象。第一障害でいきなりミスしたことが最後の最後でスタミナ切れを招く。終わってみれば上位2頭は強かった。★シングルアップ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain シングルアップ(牡・寺島)父キンシャサノキセキ 母ラフアップ

土曜阪神1R 障害3歳上OP(障3110m)6着(2番人気) 森 一J

1つ目の障害飛越でバランスを崩しますが、体勢を整えながら2番手を追走し、その後は無難に障害を飛越します。襷コース手前で先頭に立ち、そのまま粘り込みを図ろうとしますが、最後の直線に差し掛かるところで徐々に遅れを取り、その後も盛り返すほどの脚は見られず、約3ヶ月半振りとなるレースは6着でゴールしています。

寺島調教師「約3ヶ月振りのレースとしてはそこまで太目が残ることもなく、状態としては良かったと思います。ただ、一つ目の障害に勢いよく行った分、飛越でバランスを崩し、その後も絡まれて力んでしまったことが最後の伸び脚に影響してしまいましたね。レース後、森一馬騎手に聞いたところ、『1つ目と2つ目の飛越が少し不安定でしたが、それ以外は問題なかったですね。もう少しスンナリ先行することが出来ていれば、最後もバッタリ止まることはなかったと思います』と話していました。久々で前向き過ぎるところが出てしまいましたが、落ち着いてからはスムーズに飛んでくれていましたし、一度使ったことで次走は力みが取れると思います。このまま続戦させたい気持ちがありますが、あくまでトレセンに戻って状態を良く確かめた上で判断したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

馬場先出し。序盤は2番手。3号障害で先頭を奪って引っ張る。序盤から遠い踏み切りが目についた。2周目3角で後続に追い付かれ、最終障害で先頭を譲ると、後続の追い上げに抵抗できずジリジリ後退。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/近日中に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:新潟8月22日・障害OP(森一J)

寺島師「トレセンに戻って状態を確認したところ、トモに擦り傷がある以外は問題ありませんでした。賞金を加算できれば新潟JSへ向かいたい気持ちがありましたが、1勝で使えるかどうか分からないですし、それに森一馬騎手が乗れないとのことですので、無理せずにコンディションを整える為に一旦ノーザンファームしがらきへ放牧に出そうと思います。その後も問題なければ、8月22日の新潟・障害OPなら森一馬騎手が騎乗出来るとのことですので、そこを目標にトレセンへ帰厩させる予定です」(7/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

咳の治療の為、新潟戦をパスしたため、3ヶ月ぶりの実戦となったシングルアップ。前走でOPにメドを立て、前走で接戦を演じたマイネルレオーネがその後にOPを勝ち、重賞でも良いところがあったので、一頓挫あったとはいえ期待の大きな1戦でした。また、予定が延びた分、牧場での乗り込みは入念。帰厩後も良い時計を出していたようにデキ自体はかなり良かったと思います。プラス4キロでの出走も肌艶が良く、太目感はなかったです。あとは気分良くレースを進めてくれれば、結果は付いてくるかなと見ていたんですが…。

レースではいきなりの誤算がありました。五分のスタートからジワッと前へ行こうとしたシングルアップと森一Jですが、最初の障害で勢いよく少し遠目から飛んでしまったので、バランスを崩しながらの着地。何とか踏みとどまりましたが、次の障害もリズム良くは飛べず。先々を見据えて2番手で我慢させることを覚えさせているのでしょうが、序盤は我慢させることに。ただ、画面上からも少し力んで走っているのは確認出来ました。個人的には途中でハナへ行くなら、最初から行く気で臨んでも良いと思いますが。その後、飛越は徐々に安定して、この馬なりにリズム良くレースを進めることは出来ましたが、襷コースを終えたところから後続がジワッと進出開始。そして残り障害が2つというところでピタッと来られてしまうと、ここでまた少し飛越が遠かったようで、最初の障害ほどではないも着地後にバランスを乱すことに。何とか内から立て直して抵抗しましたが、最終障害を飛び終えるとさすがに余力が尽きる感じ。また、直線がダートというのも、シングルアップには不利だったかなと思います。終わってみれば、障害のキャリア2戦目の馬同士の決着でしたが、この2頭は将来かなり出世しそうな感じ。相手が悪かったとも言えます。

レース後のシングルアップですが、トモに擦り傷を作っていたようですが、脚元等に異常はなし。賞金を加算出来れば重賞挑戦へ挑むプランがあったようですが、1勝馬では出走できるかどうか不確定ですし、森一Jが乗れないということで自重。短期放牧を挟んで来月22日の新潟のOPへ向かうことになりました。

今回は調子が良すぎたことで、障害が雑になってしまったのは痛かったです。1度使ってガス抜き出来れば、飛越は安定感を増すと思いますが、次走へ臨む前には少し丁寧に飛越を確認してもらえたらと思います。障害馬としての将来性はあると思うので、早く障害のペースや距離に対応できるようにシングルアップは学習していって欲しいものです。