焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(4歳上関西馬・北海道組)

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain ダイアトニック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:トレッドミルでキャンター 
・次走予定:札幌8月30日・キーンランドC(G3)

担当者「23日にこちらへ帰場いたしました。レース後のダメージはそれほど感じませんでしたが、目標のレースまで時間がありますので、この中間は乗り運動を行っていません。来週から坂路もしくは周回コースでの調教を開始する予定で、来月頭に移動することになっています。馬体重は476キロです」(7/3近況)

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain ブライトクォーツ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週5回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「引き続き同様のペースで調教を進めています。良い意味で先週と変わらず、坂路では楽々と動いてくれますね。強いて言うのであれば、テンのスピードの乗りが物足りないくらいですし、その点もこれから乗り込みを重ねれば問題ないでしょう」(7/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

函館スプリントSを58キロを背負って快勝したダイアトニックは先月23日にNF空港へ戻ってきましたが、レース後のダメージは時間の経過と共に解消へ。まだ余裕を持たせた調整ですが、スムーズに騎乗運動を開始できるでしょう。今の感じなら来月末の札幌・キーンランドCへの出走に問題はありません。

ブライトクォーツはマイペースで乗り込んでいますが、障害馬の中でのスタミナ比べでは1番と言える存在。これぐらいのメニューは悠々と対応してくれています。テンのスピードの物足りなさは小脚が使えない分ですし、モタモタするのはこの馬らしさ。そう気にする必要はありません。暑さにクタッとしないようにだけ注意してもらいたいです。