焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

予定していたUHB杯を除外になり、NF空港でリフレッシュ放牧を挟むも仕上がりは上々。時計面の対応が1番の課題になってくるも、前に壁を作れる内枠を生かして道中は脚を温存し、直線では馬群を捌いて伸びてきて欲しい。前走がフロックではないことをしっかり証明して欲しい。☆アンブロジオ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アンブロジオ(セ・菊沢)父ローズキングダムアンティフォナ

土曜函館11R TVh杯(芝1200m)1枠2番 吉田隼J

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:1日に函館Wコースで時計

菊沢師「1日に函館Wコースで追い切りを行いました。先週末にも長めから時計を出していますし、今週も単走で終いサッと脚を伸ばす形です。レースで騎乗予定の隼人(吉田隼人騎手)に乗ってもらいましたが、『馬は元気な様子ですし、状態は良さそうですね』と話していて良い感触を掴んでくれたようで良かったです。動き的にもいつものアンブロジオらしい小気味良い走りを見せてくれていましたから、良い状態でレースに向かうことが出来そうです。開催が進んで、開幕週の時よりは少し時計が掛かる馬場状態になってきており、その方が差しも決まりやすく、この馬にとっては良い方に働きそうですから、今回も良い走りを期待しています」(7/1近況)

助 手 27函W重 70.2- 55.4- 41.6- 14.0 馬なり余力
吉田隼 1函W良 70.1- 55.1- 40.7- 13.9 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回函館1日目(07月04日)
11R TVh杯
芝1200メートル 3歳上3勝クラス 特指 混合 定量 発走15:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アスタールビー 牝4 55 古川吉洋
1 2 アンブロジオ セ5 57 吉田隼人
2 3 ホープフルサイン 牡4 57 丹内祐次
2 4 シュエットヌーベル 牝6 55 亀田温心
3 5 インスピレーション 牡5 57 横山和生
3 6 マルカテノール 牡6 57 坂井瑠生
4 7 ショウナンアリアナ 牝4 55 池添謙一
4 8 サンノゼテソーロ 牡4 57 武豊
5 9 エクレアスパークル 牡6 57 大野拓弥
510 ザイツィンガー 牡4 57 藤岡佑介
611 ビリーバー 牝5 55 杉原誠人
612 スリーケープマンボ せ5 57 竹之下智昭
713 スワーヴアーサー 牡7 57 岩田康成
714 アリア 牝5 55 柴山雄一
815 メイショウカリン 牝6 55 菱田裕二
816 ゼセル 牡6 57 城戸義政

○飯田助手 「函館1週目を除外されて短期放牧を挟んだが、緩めず調整ができている。前走あたりから体のバランスが良くなってきたし、ここも楽しみにしている」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

7戦連続で二桁着順と低迷が続いていたアンブロジオ。ただ、芝1200mを使っていく中でスムーズならもう少しやれていい筈なのにと見ていました。そんな中、前走のバーデンバーデンCはブービー人気ながら、道中は外へ出せずに馬群でもがく中、気持ちを切らさず、直線は馬群を捌いていき、ゴール前は1頭目立つ脚を披露して2着。時計の掛かる馬場が良かったのは確かですが、レースぶりは内容の濃いモノ。展開に恵まれただけではありません。

福島戦で浮上のキッカケを掴んだアンブロジオは洋芝の北海道へ転戦。当初はUHB杯を予定していましたが、残念ながら除外に。勝って函館スプリントSへ連闘を妄想していたのですが叶わぬ夢に。その後、すぐにここへ照準を合わせてきましたが、1週間ほどNF空港へリフレッシュへ。中間、追い切り時計が飛んでいる時期があるのはこのため。仕上がりに関しては抜かりないと思います。また、去勢手術を行って約1年になりますが、前走ぐらいから馬体がフィットするようになってきた馬自身が良化。馬体面での効果が出始めています。良い意味でも活気も出てきたと思います。

レースでの課題はやはり時計面での対応力。1分8秒を切る決着となるとちょっと厳しいかもしれません。1枠に入ってしまったのでどう捌いてくるかも問題でしょう。ただ、揉まれてダメな馬ではないので、前に壁を作ることで脚を溜め、末脚の伸びに繋げて欲しいです。

相手関係に目を遣ると、どこからでも狙えそうな大混戦。アンブロジオは伏兵扱いですが、まずは前走がフロックではないことを証明する為、直線でしっかり脚を伸ばしてもらいたいです。