焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

外目の偶数枠を引き当てたのは好感。動ける位置で追走して早めスパートから後続の追撃を凌ぎ切れるかどうか。体調面でやや不安があるので、今回は地力に期待したい。☆ポレンティア

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ポレンティア(牝・田中博)父ハーツクライ 母ポーレン

土曜函館12R 遊楽部特別(芝1800m)7枠10番 丸山J

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:10日に函館Wコースで時計

田中博師「10日に函館Wコースで併せて追い切りを行いました。丸山騎手に感触を確かめてもらいましたが、『動き自体は悪くないのですが、少しアンバランスなところがありますね。特に右トモがウィークポイントなのかなと思いますので、レースではその辺りに気を付けて乗りたいと思います』と話していました。動きは悪くなかったですし、1勝クラスであれば地力も上位でしょうが、今週は上がりの運動で咳をしていましたので、そこは気を付けないといけませんね。レースまでしっかり体調を整えて、力を出せるよう努めていきたいと思います」(6/11近況)

助 手 7函W良 69.9- 54.3- 39.7- 13.7 G前仕掛け ダノンジャスティス(古馬3勝)馬なりの外0.6秒先行0.2秒遅れ
丸 山 10函W良 68.1- 53.3- 39.2- 13.1 馬なり余力 ボストンテソーロ(古馬2勝)馬なりの外0.5秒先行0.4秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回函館1日目(06月13日)
12R 遊楽部特別
芝1800メートル 3歳上1勝クラス 牝馬 定量 発走16:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 インペリオーソ 牝5 55 菱田裕二
2 2 ルビーカサブランカ 牝3 52 藤岡康太
3 3 ワタシヲマッテル 牝5 55 池添謙一
4 4 ブライティアセルバ 牝4 55 横山武史
5 5 レローヴ 牝6 55 坂井瑠星
5 6 マイタイムオブデイ 牝4 55 松田大作
6 7 レオンドーロ 牝4 55 丹内祐次
6 8 レディーキティ 牝5 55 藤岡佑介
7 9 レースガーデン 牝4 55 水口優也
7 10 ポレンティア 牝3 52 丸山元気
8 11 マジックリアリズム 牝4 55大野拓弥
8 12 ルンルンクオリティ 牝4 55 川島信二

○大口助手 「Wコースでは動き切れないが、もともと実戦で良さが出る馬。きのいいタイプで久々でも態勢は整っている。実績のある洋芝で、長く脚を使えればいいね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走のフラワーCでは勝負どころでインの動けない位置に嵌ってしまったポレンティア。直線では狭いスペースをショウナンハレルヤと取り合う形になって何度も接触。スパッと切れる脚は使えず、じわじわ脚を伸ばしていくタイプなので、ブレーキを踏むことになると致命的。スムーズな競馬が出来ず、不完全燃焼の1戦となりましたが、ポレンティア自身も内へモタれる素振りがあったので、ウィークポイントのトモの状態が一息だったのかもしれません。

前走後はNF天栄でリフレッシュ。消化不良の1戦に終わったので馬体面の疲れはそれほどないのかなと見ていましたが、接触があるなどタフな競馬になったたことで精神面のダメージの方を懸念しました。まあ、その辺は慎重に立ち上げていったことで気持ちが悪い方へ向くことなく、4月半ばから坂路調教メインの調整法へ移行することが出来ると、その後の帰厩までの約1ヶ月は順調に乗り込むことが出来ました。そして先月15日に美浦・田中博厩舎へ帰厩しています。

帰厩後は早くから函館開催へ目標を定めての調整へ。追い切りでビシビシやれない分、追い切りを丹念に重ねることで状態を上げてきました。コロナの関係で北海道開催が無事行われるかどうか不透明な時もありましたが、終息に向かったことで無事開催されることになったのはポレンティアには追い風。ピリッとしたところがあるので、無観客競馬というのも優位に働いてくれると思います。

ただ、函館競馬場へ移動後の追い切りの内容・時計は一息。上がりの運動時に咳をしていたというのも心配です。52キロの斤量と実績から人気を集める1頭になりますが、今回は地力に期待したいというのが率直なところ。枠に関しては外目の偶数枠を引き当てたのは好感。デビュー勝ちした時のように勝負どころから外目をスーッと押し上げていき、早めに抜け出した後は後続の追撃を凌ぎ切るという戦法が1番合っているかなと思います。

1番のライバルは同世代のルビーカサブランカだと思いますが、先週の競馬では3歳馬と古馬との対決では古馬の頑張りが目立ち、馬券で妙味があったと思います。ここでもその傾向には気をつけたいと思うので、堅実な駆けのレオンドーロや10ヶ月ぶりも戦績上位のレースガーデンの方が侮れないかも。

まあ、この馬には良い枠を引き当てたので、スムーズな競馬が出来れば大崩れはないでしょうが、直線でひと押しが利くかどうかが結果に直結してくるのかなと思います。