焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳牡馬・北海道組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アンダープロット

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン13~16秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路を中心に調教を積んでいます。坂路で併せ馬を継続して行ってきたことにより、以前よりも走りに気持ちが入り手応えがしっかりしてきました。また、乗り込み量を増やしたことで首や肩の筋肉量が増加し、馬体のバランスが良くなってきたように感じます。負荷が高まっているにもかかわらず、まだまだ成長をしてくれそうな余裕が馬体にあるので大きな変化はまだ先になることでしょう。精神的に気になるところはなく、前向きに調教に取り組んでくれていますし、馬房では落ち着いていてしっかり休めています。飼い葉もしっかり食べて体調面も良好です。今後も7月までには移動できるように準備していきます。馬体重は490キロです」(6/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン13~15秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路調教をメインに調整されており、ハロン15秒をベースに日によってハロン14秒から終いハロン13秒近くまでペースを上げています。坂路コースではかなり前向きさが出てきて手応えが良くなり、このペースでも何とか対応できていますよ。乗り込みを続けても疲れを見せず、飼い葉食いは良好ですし、冬毛が抜けて毛艶がピカピカになりました。脚元にも不安はなく、順調に調整を続けることができています。今後も更に筋肉量を増やすべく、しっかりと乗り込み鍛えていきたいと思います。馬体重は469キロです」(6/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アクウェイントの18

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2400m、残りの日は軽めの調整

担当者「相変わらず坂路では行きっぷりが良くて、非常にダイナミックな走りをしていますね。外国産馬らしい力強さがありつつ、徐々に柔軟性が生まれてきましたし、気持ちのコントロールも上手く出来るようになりましたから、評価は日毎に高くなってきています。精神的に余裕が生まれたことが良い走りに繋がっていると思いますので、今後も追い詰めることはせずに、常にリラックス出来る環境を作ってあげたいですね。今月中の移動も視野に入れていますので、もう少し乗り込みを強化しながら、心身の成長を促していきたいと思います。馬体重は491キロです」(6/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ラッキートゥビーミーの18

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1本、週3回トレッドミル、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も馬体の成長に合わせながら調教を進めていますが、ここに来て乗り込みを継続していても体が減らなくなり、体力が付いてきたように感じます。この中間も週3回トレッドミルでの運動を継続し、坂路では週3回15~16秒のペースで登坂していますが、ラスト1ハロンは自然と14秒台を出すことが出来ており、ストライドが大きく良い動きを見せていますし、更に力強さが出てきています。入厩の声が掛かるまでは引き続き馬体の成長を促すとともに、より動きの質を高めていきたいと思います。馬体重は448キロです」(6/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンダープロットは心身共に良い感じで成長中。心肺機能の良さが生きているように思います。ただ、気性面でアテにならないところのある一族なので、いつ不安定さを覗かせるか心配はあります。7月中には入厩するようなので、この2ヶ月を有意義なものにして欲しいです。そして予定通りに次のステップへ移って欲しいです。

馬体面での成長はもっともっと欲しい1頭ですが、アリーヴォは競走馬として目覚めてきたのかやる気を感じられるように。血統は1本筋が通っているので、今後の成長次第では化けてくれるかもしれません。

 アクウェイントに18はハミ受けが一息なので、競馬へ行ってテンションが高くなった際の不安は残りますが、動きには外国産馬らしいパワフルさ。良いエンジンを積んでいると思います。それだけに操縦性のアップは命題です。

 ラッキートゥビーミーの18は体質面で弱いところがある様子。少しずつ良い方へ進んではいますが、もう少しの間は早めにリフレッシュを挟みながら、じわじわ成長を遂げていってもらえればと思います。動き自体は悪くありませんから。