焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳関西馬・北海道組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain グレイシャーパーク

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回トレッドミル、残りの日は軽めの調整

担当者「先週よりリフレッシュ目的でトレッドミルのみの運動を行っています。リフレッシュ前は屋内坂路2本をしっかり乗り込んでおり、ハロン14秒台前半まで進めていました。登坂する日を増やして鍛えていましたから、疲れが出る前にリフレッシュを取り入れて体調面の維持に努めています。前もってのペースダウンですから、馬はとても元気ですよ。負荷の高い調教を継続していましたが、馬体は減るどころか全体的にボリュームが出てきましたので、基礎体力がついてきたことを感じます。飼い葉も残さず食べていますし、すでに馬体重は増加傾向にありますから、近いうちに乗り運動を再開できそうです。脚元にも現時点で気なる箇所はありません。今後はトレッドミルの負荷を高めながら、騎乗運動再開のタイミングを見計らっていきます。馬体重は447キロです」(5/15近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1~2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「この中間は週3回坂路でハロン15秒のペースで登坂しており、その内の1回はハロン14-14のペースで脚を伸ばすようにしています。トモはまだ寂しく感じますが、肩回りの筋肉はより一層厚みが増してきましたし、前後のバランスが伴うようになれば、ストライドが大きいだけにもっと良い走りが見られるようになるでしょう。馬体の成長がゆっくりでもう少し時間を掛けて鍛えていく必要がありますが、5月生まれということを考えると、今後さらに成長して良くなってくるでしょうから、今後も馬の成長に合わせながらじっくり鍛えて行きたいと思います。馬体重は473キロです」(5/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グレイシャーパークは1度歩様に違和感が出てしまったので、早めにリフレッシュを挟むことは賛成。動きに関しては元々良いモノを見せてくれているので、これから負荷を高めていった際、馬体重増が伴ってくれば理想的な成長曲線になってくるかと思います。

アリーヴォは枝葉の長い造りと骨格は立派なので、それに似合うボリュームが出てきて欲しいところ。500キロぐらいあっても不思議ではない馬だと思います。まあ、ここにきて肉付きは良くなってきているようですが、カイバをしっかり食わし込みつつ、鍛え上げていって欲しいです。

2頭共に基礎体力をもっともっと高めてもらいたいです。