焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資馬紹介】ロッシェノワールの18

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ロッシェノワールの18(牝・池上)父カレンブラックヒル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「この中間は坂路コースと周回コースでコンスタントに乗り込んでいます。坂路ではハロン15秒まで脚を伸ばしていますが、キビキビとした動きを見せてくれていますし、まだこの時期の若駒らしく馬体に緩さは感じるものの、最後までしっかりとした手応えで走り切れていますよ。父・母ともにマイルを得意としていたことや、調教でのスピード感のある動きを見ると、早い時期から短い距離を中心に活躍してくれそうなタイプだと見ています。精神面も基本的には無駄なことをしない優等生タイプで、時折幼い一面を覗かせることもありますが、色々と経験していけば成長してくれると思います。まだトモ高に映るように、4月後半生まれということもあり、これからさらに馬体に実が入って良化してきそうなので、早期での移動を見据えつつも上手く成長を促していければと思います。馬体重は445キロです」(4/27近況)

○馬体重 445キロ 体高 157.0センチ 胸囲 181.0センチ 管囲 19.2センチ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

(出資理由・募集時に記載分)

現段階では体力不足で坂路では動き切れていませんが、ロッシェノワールの18の性格は真面目そうで牝馬特有の繊細さは心配しなくても大丈夫そう。4月生まれでトモ高な体型から伸びシロはあると思うので、カイバをしっかり食わしこんでパワーアップしていってもらえればと思います。

走りはやや頭が高くて、ピッチ気味の走法。距離はやはり短いところが合っていそう。少しムキになって走っている感じもするので、騎乗者とのコンタクトを高めて、しっかり操縦が利くように調教を積んでいってもらえればと思います。

大きなところを狙える馬では正直ないかもしれませんが、まずは1勝してもらい、その後もコツコツ稼ぐことができる競走馬へと成長していってもらえればと思います。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

調教時からメンコを着けているようにピリッとしたところはあるも、その分、前向きに走れているのは○。コツコツ乗り込みを重ねてじわじわパワーアップを図っていってもらえればと思います。

クビをさほど使わないもピッチの利いた走法から、芝1200m~芝1400mが合っていそう。非力さが残るので直線平坦なコースで力を発揮してくれるのかなと見ています。