焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【動画更新】シルクなお馬さん(関東2歳牡馬・北海道組)

↑↑↑

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アンダープロット

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「引き続き来月の移動を目標に、この中間も坂路と周回コースでの調教を積んでいます。大きく変わった感じはありませんが、トモを使って走れるようになったことで、リズム良くキャンターを行えていますね。脚取りも軽やかで、14-14くらいのペースであれば問題無く対応してくれています。ここまでは脚元を含めて馬体面だけでなく、飼い葉もしっかり食べて体調面もすこぶる順調にきていますので、この波を崩さずに移動まで進めていければと思います。馬体重は486キロです」(5/15近況)

↑↑↑

f:id:yakifish:20200513045835g:plain セラフィナイト

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回トレッドミル、残りの日はウォーキングマシン

担当者「この中間はリフレッシュを挟み、再び坂路調教を開始したところでしたが、肩と背中に蕁麻疹が出てしまいましたので、現在は乗り運動を控え、トレッドミルとウォーキングマシンの運動に止めています。坂路での動きに関してですが、力強さに加えて前進気勢も強くなってきたことから、最後までフラフラすることなく真っ直ぐに駆け上がれるようになってきました。それでもまだ心身ともに幼さが残っているのは確かなので、これからの成長に期待したいところです。まずは乗り運動再開に向けて、蕁麻疹のケアに努めていきます。馬体重は440キロです」(5/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンダープロットは6月中の移動を目指して負荷の高い調教を消化していますが、トモを使えるようになってきて、素軽さを増してきた様子。更新された調教動画を見ると、集中して走れているように思います。

この母の仔はジューヴルエール・ファヴォリートに出資して色々勉強することが多かったですが、アンダープロットはここにきて地味に良くなっているので期待値はアップしています。心肺機能の高い馬なので芝2400mの舞台で頑張って欲しいです。

セラフィナイトはこの中間にリフレッシュ期間を設け、坂路調教を再開していこうとした矢先に肩や背中に蕁麻疹を発症。前進気勢の強くてヤル気に満ち溢れたタイプですが、目に見えない疲れを溜め込んでいたのでしょう。また、更新された調教動画を見ると、テンから行きたがってしまって最後は失速。メンコを引き続き着けていますし、元気が有り余っているのでしょう。ひとまず蕁麻疹の治療に全力を注いでもらい、改めて気分を落ち着かせてから騎乗運動の再開へと繋いでもらいたいです。