焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資馬紹介】サファリミスの18

f:id:yakifish:20200513045835g:plain サファリミスの18(牡・藤岡)父ハーツクライ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本、週3回常歩、残りの日は軽めの調整

担当者「屋内坂路にてハロン16秒の運動を行っています。先週はハロン14秒ペースの負荷の高い調教でしたので、今週は調整目的でペースを抑えて運動しています。冬の間とても順調に乗り込むことができたので、体幹をしっかりと鍛え上げることが出来ました。ここ最近、馬体が逞しくなってきましたよ。常歩の遅いスピードでも登坂時の速いスピードでも背中がブレることもなく、最後まで良いフォームを維持して走ってくれています。それでいて、前向きな気性で非常に闘争心が高いタイプですね。厩舎からコースまでの移動の時や馬房内でも落ち着いており、性格的に申し分ありません。現時点で課題という課題はなく、調教メニューを馬の体調にあわせて、いまの状態を維持していくことが、本馬のさらなる成長につながると考えています。引き続き早期の移動を視野に調整していきます。馬体重は480キロです」(4/27近況)

○馬体重 477キロ 体高 156.0センチ 胸囲 188.0センチ 管囲 19.5センチ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ハーツクライ産駒らしく歩様はたどたどしいですが、調教動画の走りが気に入ったのがサファリミスの18。重心を低くしてハミをグッと取り、歩様の頼りなさとは違ってシャープな脚捌き。走りは軽いので芝の実戦で良いところを見せてくれそうです。また、性格面で闘争心が高いというのも好印象です。

牧場でも期待の高い母馬だと思いますが、半姉のミッキーローズはガサのない牝馬の脆さが出ていますし、半兄ガラチコは未勝利を勝てずに現在は大井にいますが、未勝利戦でモズベッロと差のない競馬をしていますし、育成時に故障する前は評判が高かったようですし。サリオスのように父ディープインパクトから父ハーツクライに替わっての激走を思い描いています。

第2回追加募集馬では1番の期待。単純に脚が遅いという可能性はなきにしもあらずですが、芝2000m~芝2400mで頭角を現していって欲しいものです。また、無駄な怪我をしないようによろしくお願いします。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 背中の安定感から身のこなしに柔らかみを感じる同馬。他馬に惑わされることなく自分の走りが出来ているのも好感です。

ただ、480キロ前後の馬体重の割に線の細さを感じるので、コツコツ乗り込みながら馬体にメリハリが出てきて欲しいですし、牡馬らしい迫力が備わってきてくれればと思います。良い方へ化けて欲しい1頭です。