焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資馬紹介】アリーヴォ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ(牡・杉山)父ドゥラメンテエスメラルディーナ

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「順調に40時間の夜間放牧を継続しています。放牧を重ねて、徐々に体に厚みがでてきましたね。そして、肉体面だけでなく精神的にもタフになってきました。ここまで特に大きなアクシデントは無く進められていますので、今後も馴致を行いつつ負荷をかけながら更なる成長を促していきたいと思います。馬体重は422キロです」(8/8近況)

○馬体重 402キロ 体高 152.0センチ 胸囲 169.5センチ 管囲 20.2センチ(募集時)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

競走馬名:アリーヴォ
欧字表記:Arrivo
意味由来:到達する(伊)。父名より連想

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

(出資理由・募集時に記載分)

募集画像&DVDではひょろっとして頼りなさげに見えたエスメラルディーナの18ですが、父とは少し異なり繋ぎの長さ・角度は良好。クッション性もなかなか良さげに見えました。皮膚感は母系が出てダート馬っぽいですが、タイトルホルダーの両親の血を受け、身体能力はそれなりの高さを備えている筈。

ドゥラメンテの牡馬が欲しかったというのが1番の出資理由ですが、伸びシロが結構ありそうですし、1発長打があっても良い馬なのかなと。ダートで潰しが利く可能性もあります。今は地味な存在でも、育成が進んでいく中で身のこなしの良さなどで評価が高まっていく馬だと見ています。

預託先の栗東・杉山厩舎はシルクでは初めても、ロードではロードフェリーチェの転厩先でお世話になりました。2戦のみの付き合いでしたが、気難しい馬を調教の段階から色々と手を尽くしてくれました。それに対して、エスメラルディーナの18は従順で扱いやすいと思うので、両親から受け継いだ能力を存分に引き出してもらえればと思います。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

5月の遅生まれなのでどこかのタイミングでグッと良くなってきてくれるかなと見ているのですが、馬格に似合ったボリューム感が備わってこないのが悩ましいところ。基礎体力が不足しているのかなあ? 入厩&デビューは少し遅れそうですが、マイペースで地道な成長を促していってもらえればと思います。