焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資馬紹介】ベルエポック

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ベルエポック(牝・黒岩)父モーリス 母アドマイヤテンバ

・在厩場所:6日に北海道・ノーザンファーム空港へ移動

Yearling担当者「こちらでは順調に夜間放牧を行っていました。馬体のサイズは大きく、骨量や筋肉量共に豊富で素晴らしい馬体を誇っていますね。馴致に関しては、こちらでは洗い馴致をこなして、確実にステップアップしていましたよ。対応力があるので育成厩舎に移動後も、問題なく日々の鍛錬をこなしてくれるでしょう。馬体重は488キロです」(8/8近況)

○馬体重 480キロ 体高 157.5センチ 胸囲 180.0センチ 管囲 20.5センチ(募集時)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

競走馬名:ベルエポック
欧字表記:Belle Epoque
意味由来:良き時代(仏)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

(出資理由・募集時に記載分)

500キロ近い大型馬&前脚の造り・送りを見ると、故障のリストは付き纏うかと思いますが、モーリスの長女らしく骨量が豊かで立派な腹袋。歩様自体は素軽いものがあるアドマイヤテンバの18。最初、血統面から人気を集めるのかなと見ていましたが、そこまで人気にならないと見て、出資へと傾きました。

アドマイヤテンバの18の魅力はやはり母母アドマイヤグルーヴ、母母母エアグルーヴの血脈。育成を進めていくとピリピリしてくるでしょうが、今のところは父の血が加わって、幾らかでもマイルドになった感じ。学習能力が高めな感じも好印象です。血統・性別は全く違いますが、現2歳のサリオスに近い雰囲気(シルエットを含め)を醸し出しているかなと勝手に解釈しています。

預託先は美浦・黒岩厩舎。シルクドリーマーの晩年を楽しまさせてくれましたし、機会があればお世話になりたいと思っていた厩舎。ちょうど良い巡り合わせだったのかなと個人的に思っています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・4月22日に美浦黒岩陽一厩舎へ入厩
・30日にゲート試験を受けて合格
・助 手 5/6南W稍 68.8- 53.7- 39.0- 12.5 馬なり余力 カトルショセット(新馬馬なりの内同入
・5月9日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

繋ぎが立ち気味で歩様に硬さが残るのでリスキーな馬ですが、スナップが利いた前捌きで推進力は上々。牧場時は牝馬ながらやんちゃな面が目についたようですが、入厩時の様子は新しい環境にも動じず、学習能力の高さを感じました。この辺りはさすが血統馬です。初時計も悪くなかったですし、走ってくる1頭だと期待しています。