焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資馬紹介】ヒーズオールザット

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット(牡・藤原英)父ブラックタイドシーイズトウショウ

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「現在順調に夜間放牧できています。かなり体力がついてきたので、6月頃から悪天候の日を除いて40時間連続放牧を始めています。今後も継続して、運動量・骨量・筋肉量を確保して行きたいと思います。また週3~4回ウォーキングマシンで1時間運動を行い、体の緩み防止にも取り組んでいます。また、馴致は馬服や馬体洗いに取り組み始めています。臆病な気性で、見える物・聴こえる音に敏感なところがあり、馴致始めは反応が大きかったですが、現在は落ち着いて臨めていますね。馬体重は472キロです」(8/8近況)

○馬体重 448キロ 体高 156.0センチ 胸囲 171.0センチ 管囲 21.0センチ(募集時)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

競走馬名:ヒーズオールザット
欧字表記:He's All That
意味由来:彼は最高

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

(出資理由・募集時に記載分)

預託先と価格が発表された際はかなり人気を集めるのかなという印象で縁がないかなと見ていたシーイズトウショウの18。ただ、思っていた程の出資申し込みの伸びではなかったので1口申し込んでみることに。

蓋を開けてみると実績が100万未満。高実績の人からは敬遠された感じでしょうか。その要因とすれば、臆病な性格なんでしょうねえ。ツアー時の動画を見ても、少し回りを気に掛けてオドオドした歩き。まあ、課題点は分かっているので他馬以上に丁寧に接することで慣らしていってもらえればと思います。血統馬なので学習能力は見込めると思うので、怖いものではないと理解してくれるでしょう。あと、半兄ヴェルテックスがデビュー戦であそこまで動けなかったのは不安材料になってしまいました。

シーイズトウショウの18自体は理想的なサイズで滑らかな歩様。堂々と振る舞えるようになれば、トモの踏み込みも力強くなってくれるかなと。素材は悪くないと思うので、気性面の成長がこの馬の将来を大きく左右してくることでしょう。まずは育成を本格化させていった際、どういう動きを見せてくれるか注目したいです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

<4月>
18日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ移動

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1本筋が通った母系の出身なので走ってきて欲しい1頭ですが、本当に素直な馬なのかがどうしても気になるところ。末脚が切れる感じはないも、フットワークは芝向きかなと思います。マイルから2000mぐらいまでこなして欲しい。