焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【出資馬紹介】バラキエル

f:id:yakifish:20200513045835g:plain バラキエル(牡・大久保)父ロードカナロア 母スリールドランジュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「現在は夜間放牧を行っています。40時間という長時間の放牧を継続してきたことで体力もついて、体付きも一段としっかりしたものとなってきました。今後も放牧を継続していくことで体力の強化を図り、馬体も一層充実していくでしょう。ロードカナロア産駒らしく馴致は素直ですし、順調そのものです。馬体重は438キロです」(8/8近況)

○馬体重 422キロ 体高 154.0センチ 胸囲 169.0センチ 管囲 20.5センチ(募集時)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

競走馬名:バラキエル
欧字表記:Barachiel
意味由来:七大天使の一人。母名より連想

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

(出資理由・募集時に記載分)

ロードカナロア産駒の牡馬ということでもう少し人気になるのかなと予想していましたが、母の競走成績+母父ゼンノノブロイが良く出た馬体・皮膚が敬遠もされたと思うスリールドランジュの18。この父の仔とすれば体高がある分、前脚の出はスムーズで可動域も広い方。適度な前向きさでスイスイ歩いているのがまず印象に残りました。気性に関しては、一癖隠しているかもしれませんが、他馬に仕掛けていって勝気な部類。良くも悪くも臆することなく立ち向かっていくのかなと。人間に対して反抗するような面がなければ、レースへ行っての勝負根性へと繋がるかもしれません。

血統はダイナカールの血を引く母系ですが、アドマイヤテンバの18とは違い、こちらはカーリーエンジェルの血脈。詰めの甘い馬が多い印象も、スピードタイプが目立ちます。この父との配合はマッチしそうですから、全く走らないということはなさそう。また、ダートでも結構やれるんじゃないかなと見ています。この父の仔なので甘めなジャッジですが、どういう競走馬に育っていくのか興味深い1頭です。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

父よりも母系の血が強く出た印象。調教動画から身体能力の高さは十分窺えるも、気性・馬体に関してはまだまだ幼さが目立ちます。気持ちが悪い方へ向かないように常に気をつけていってもらえればと思います。