焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

22日に帰厩。次走は来月15日の小倉・八女特別を予定しています。☆ボンディマンシュ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ボンディマンシュ(セ・中内田)父ロードカナロアビアンカシェボン

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・次走予定:第3回小倉開催
・調教内容:坂路コースでハロン15~17秒

調教主任「引き続き、坂路でハロン15秒のペースで登坂していますが、体に余裕があるものの、動き・反応ともに良くなってきましたよ。脚元の状態も気になることはなく、ここまで順調に進められているので、良い状態で送り出せるように態勢を整えていきたいと思います。馬体重は535キロです」(7/9近況)

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・次走予定:第4回小倉開催
・調教内容:坂路コースでハロン15~17秒

調教主任「この中間も帰厩に備えて乗り込みを続けていますが、脚元含めて気になるところはなく、順調そのものですよ。来週か再来週には帰厩することになると思いますが、動き・反応ともに良いですし、体が引き締まってメリハリが出てきましたので、この調子でいつ声が掛かっても良いように態勢を整えておきたいと思います。馬体重は533キロです」(7/16近況)

・在厩場所:22日に栗東トレセンへ帰厩
・次走予定:8月15日の小倉・八女特別

中内田師「ノーザンファームしがらきに移動後は順調に進められていたようなので、22日の検疫でトレセンに帰厩させました。脚元のこともありますし、慎重に立ち上げて行こうと思いますが、順調に進められるようなら、8月15日の小倉・八女特別を照準にして仕上げに入っていきたいと考えています。ただ、あくまで馬の状態と追い切りの動きを確かめながら、そこに向けて進めていけるか判断していきたいと思います」(7/22近況)

助 手 24栗坂良 62.9- 45.8- 29.2- 14.4 馬なり余力
助 手 25栗坂良 54.2- 38.9- 24.9- 12.2 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NFしがらきへやってきた当初は3回小倉での出走を視野に入れていましたが、3歳馬の進退時期や2歳馬の入厩と重なり、予定が少し延びていたボンディマンシュ。ただ、自身の調子は良く、骨折した脚元も何ら問題なし。コツコツ乗り込むことで馬体の引き締めを進めてきました。そして22日に栗東・中内田厩舎へ帰厩しました。

また、22日の更新では来月15日の小倉・八女特別での復帰を目指すことに。レースまで約3週間あるので間に合うかなと思いますが、1年以上の休養なのでゲート試験に合格する必要も。まあ、4回小倉ではダ1700mの自己条件が4週中3週あるので、動きに物足りなさが残るなら、予定を繰り下がるといった柔軟な対応をお願いします。

16日に帰厩。2戦目は来月8日の芝1200mを予定しています。☆オリーヴベリー


f:id:yakifish:20200513045835g:plain オリーヴベリー(牡・武市)父リオンディーズ 母ウインフロレゾン

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から坂路コースでの乗り込みを開始しています。前向き過ぎるところがありますし、変にペースを落とすよりはスピードに乗せてしまった方が折り合いを欠くことがないので、速めのペースで乗っています。やはり折り合いに難しい部分はあるものの、前回調整時よりは我慢できているのかなという印象です。馬体重は486キロです」(7/9近況)

・在厩場所:16日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:第3回新潟開催

武市師「ノーザンファーム天栄で大きな問題なく乗り進めていたということですし、16日の検疫で帰厩させていただきました。体調面に問題なければ明日から乗り運動を開始して、第3回新潟開催での出走を目指して進めていきたいと考えています」(7/16近況)

助 手 18南W良 70.3- 55.1- 41.0- 13.0 馬なり余力

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:21日に南Wコースで時計
・次走予定:8月8日の新潟・芝1200m

武市師「先週末に南Wコースで帰厩後初めての追い切りを消化しています。単走で70-41くらいと少し終いはセーブ気味でしたが、1度実戦を使って走りは良くなっていますね。新馬戦で見せた課題は攻め馬では問題ありません。21日に南Wコースで今度は併せて追い切りを行い、道中はオリーヴベリーが大きく追走する形から、終いだけ仕掛けて同入で終えています。調教ではリズミカルに走ることが出来ていますし、雰囲気は良いですね。調教を手伝ってもらった初也(木幡初也騎手)は『角馬場では少し頭を上げるところはあるものの、以前乗せてもらった時よりも動きはしっかりとしています。ただ、中身を含めてこれからまだ良化の余地はありますので、もう2週くらいあれば仕上がりそうです』と話していました。番組を見ると2週間後に新潟・芝1200m戦がありますし、前走の内容からも距離短縮は良いでしょうから、そこへ臨みたいと思います」(7/21近況)

木幡初 21南W良 67.0- 51.9- 39.0- 11.7 直一杯追う チャイブテソーロ(古馬1勝)馬なりの内1.6秒追走同入
助 手 25美坂良 57.6- 42.9- 28.3- 13.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

相変わらず折り合いに難しい面を残すも、NF天栄での乗り込み自体は進んでいたオリーヴベリー。ひとまず酷くはなっていないので、若さが抜けてくれば、多少なりとも操縦性は良くなってくれるでしょう。前向きさがあるのは良いことですし。そして3回新潟開催での出走を目指して、16日の検疫で美浦・武市厩舎へ帰厩しています。

帰厩後は早速時計を出すことが出来ているように状態面は問題なし。頭を上げたりする仕草には若さを感じますが、ネックストレッチのような馬具を着用してみるのも手かもしれません。

また、21日付の更新で2戦目が来月8日の新潟・芝1200mに決定。折り合いを考えると距離短縮はプラスだと思うので、次走では悪くても前走(8着)以上の着順、掲示板入りを目指してもらいたいです。鞍上は決まっていませんが、個人的には追い切りに騎乗してもらっている木幡初Jで良いかなと思います。

シルクなお馬さん(3歳関東馬・牧場組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も坂路コースのペースに変わりはありませんが、先週まで1日1本だったのを今週から2本登坂するようにしています。やや負荷を強めてからも脚元を含めて疲れが出ることはありませんが、暑い時期に無理する必要はありませんし、秋に向けてじっくりと下地を整えていきたいと考えています。馬体重は530キロです」(7/9近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週の登坂回数は週2回だけですが、1日2本登坂しており、まずまずの運動量を積めています。背腰の方も大きく疲れが溜まることなく調整できていますが、しばらくは無理のない程度で動かしつつ、基礎強化に努めていければと思います。馬体重は535キロです」(7/16近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様のメニューで進めていますが、毛艶は良好ですし、体調面に問題はありませんね。乗り込んでいくと、段々とトモに疲れが溜まってきてしまい、それが走りの歪みにも繋がってきますから、今後もよくケアしながら進めていきたいと思います。馬体重は534キロです」(7/23近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アナンシエーション

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:角馬場でフラットワーク、トレッドミルでキャンター

天栄担当者「今週から乗り運動を開始しています。乗り自体は角馬場でのフラットワークに止めて、強めのところはトレッドミルでカバーするようにしています。元々、気が入りやすいところがあり、下での扱いに苦労するタイプですが、そういった部分がスタートの反応の悪さにも繋がっている部分があるかもしれません。少し時間をいただいて、この機会に人の扶助にしっかり反応する等の基礎的な部分から、じっくりと教えていきたいと考えています。馬体重は513キロです」(7/9近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで軽めのキャンター、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は坂路コースでの調教へと移行しており、週3回はハロン17~18秒くらいのところをこなしています。ペース的にはそこまで速くないので、楽な感じで駆け上がることが出来ていますが、普段は気が入りやすい部分が見られますし、今後も徐々に進めていきたいと思います。馬体重は517キロです」(7/16近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週2回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は登坂回数を週4回に増やしています。また、ペースもハロン15秒を経て、現在はハロン14秒まで脚を伸ばすようにしています。徐々に負荷を強めていますが、最後までしっかりとした脚取りで真っ直ぐと駆け上がってくることが出来ていますね。馬体重は518キロです」(7/23近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アンダープロット

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題はありませんでした。先週一杯は軽めのメニューで様子を見ていたものの、状態面に問題はなさそうでしたし、今週半ばから坂路コースでの乗り出しを開始しており、徐々に負荷を強めていければと思います。馬体重は507キロです」(7/9近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、週2回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「その後も坂路コースでは15-15の乗り込みを行っていましたが、特に疲れた様子は見られなかったので、今週半ばから14-14まで脚を伸ばしています。この調子で調教の負荷を上げていき、次に向けた基礎強化を図っていければと思います。馬体重は502キロです」(7/16近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は週3回とも坂路コースのペースをハロン14秒に上げています。以前よりはしっかりしてきているものの、まだトモを中心に馬体には緩さを残していますね。脚元を含めて悪いところがあるわけではないですが、暑さもありますし、しばらくはこれくらいのところで乗り込みを積んでいければと考えています。馬体重は504キロです」(7/23近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カラパタール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「こちらへ先週戻ってきましたが、まずは馬体の回復を最優先に進めています。池上師からも『体が寂しく映るので、じっくりと良化を促して欲しい』と依頼を受けていますので、引き続き次走目標を決めずに、馬の状態に合わせて進めていく方針です。馬体重は435キロです」(7/16近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシンとパドック放牧

担当者「この中間もウォーキングマシンでの運動を行っており、加えて馬体回復のためパドック放牧を取り入れています。メンタル面は少しずつ良化の兆しが見えてきましたし、その効果で体も大幅に増えてきましたね。ただ、背中に皮膚病も出ているようにまだまだコンディションは良化途上ですから、今後も定期的に放牧も挟みながら進めていければと思います。馬体重は453キロです」(7/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クールキャットは引き続きマイペース調整。じりじり負荷を高めることは出来ていますが、背腰・トモに疲れが溜まりやすいので、弱点をしっかりケアしながら、態勢を整えていって欲しいです。秋の目標はひとまず秋華賞かなと思いますが、今の雰囲気なら直行になってくるのかなと思います。

アナンシエーションはこの中間から乗り運動を開始していますが、坂路へ連れ出す前に角馬場で人間との意思疎通を確認。人間を信頼できていないことでゲートでの遅れ、無駄な仕草やテンションが上がりやすいなどマイナスが生じているので、幾らかでもマシになってくれれば、戦ってきた相手からも1勝クラス⇒2勝クラスは連勝できる力は持ち合わせている筈。その後、坂路調教へと移行していますが、ひとまず暑さに負けることなく負荷を高められているのは○でしょう。

東京戦で3着に敗れた後、NF天栄へ戻ってきたアンダープロット。田辺Jから『緩さを感じる』と指摘されたので、トモの強化を中心に体力・体質強化に努めています。ここまではひとまず順調に来ていますが、暑さは得意とはいえないので、クタッとした素振りを見逃さないようにお願いします。そしてひと夏越して、着実な成長ぶりを見せて欲しいです。

消化不良の内容で終わった函館戦の後、NF早来へ戻ってきたカラパタール。寂しくなった馬体の回復を最優先していますが、450キロ台まで回復できたのは○。ただ、乗り運動を進めていくと維持するのに苦労することでしょうから、もっともっと増やしておいて欲しいところ。あと、チラホラと皮膚病が見られるので、北海道シリーズでの出走を見送り、状態アップ&体質強化&馬体増を叶えていって欲しいものです。

シルクなお馬さん(3歳男馬・トレセン調整組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain イルデレーヴ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:21日に坂路コースで時計
・次走予定:8月1日の新潟・ダ1200m(角田J)

池添学師「ここ最近は以前のようにハミをさらって体が伸びることはなく、良いところで抱えられるようになってきましたよ。フォームが安定してきたことによって、追い出してからしっかり体を使って動けるようになってきましたし、その点は成長している証だと思います。前走では課題だった左回りコースもスムーズに立ち回ることが出来ていましたし、スタートさえ決まっていればと言う内容でしたから、来週の競馬まで何度かゲート練習を行って万全の態勢で臨めるよう努めてまいります」(7/22近況)

助 手 21栗坂良 54.1- 39.1- 25.1- 12.4 強めに追う
見 習 25CW良 56.7- 41.4- 13.0 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット

・在厩場所:札幌競馬場
・次走予定:第1回函館開催
・調教内容:21日に札幌ダートコースで時計

藤原英師「帰厩後も順調に進められていたことから、21日に札幌ダートコースで帰厩後初の追い切りを行い、単走で全体が59.0秒、ラスト1ハロン12.4秒の時計をマークしています。馬なりで終いの反応を確認する程度でしたが、スッと加速して前回よりも素軽さが増していますね。そして、何より体が引き締まってスッキリと見せるようになっているのには好感が持てます。使った上積みは感じられますし、後は気持ちが走る方に向けばもっと良い走りを見せてくれるはずです。このまま順調に仕上がれば、第1回函館開催中には使いたいと考えていますが、それまでに攻め馬でブリンカーを着け、どれだけ効果があるか確かめておきたいと思います」(7/22近況)

助 手 21札ダ良 59.0- 43.2- 12.4 馬なり余力
助 手 25札ダ良 68.1- 51.8- 38.8- 13.3 一杯に追う ベイビーアッシュ(三未勝)一杯の内を0.4秒先行3F付0.2秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来月1日の新潟・ダ1200mへ向け、坂路とコースを併用しながら調整されているイルデレーヴ。昨年、夏の新潟でデビューした馬なので暑さには強く、活気ある動きを披露してくれていますし、出走と放牧を繰り返しながら、じわじわ体質・体力強化を遂げてくれています。そしてレースにおいて、出たなりの位置で溜めが利くようになれば、安定感も出てくるでしょう。あとはゲートがもう1歩・2歩と上達してきて欲しいです。

ヒーズオールザットは前向きさが足りない気性がネックですが、その一方で前走でも馬体に余裕が見られました。そういう面が解消されてきているのはプラスなので、攻めを強化し続け、絞れてくることで更にピリッとさせていって欲しいです。ブリンカーに関しては実戦前に感触を確かめておいて欲しいですが、個人的には深いモノを使用しないと効果が薄いのかなと見ています。

24日に栗東・松下厩舎へ入厩しています。☆カルトゥーシュ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain カルトゥーシュ(牡・松下)父トーセンラー 母バシマー

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき/24日に栗東・松下厩舎へ入厩予定
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハッキング

調教主任「17日に無事こちらに到着しています。輸送の疲れはなかったことから、今週から乗り出していますが、特に気になるところは見られません。松下師から『24日の検疫で入厩させようと思います』と連絡を受けていますので、移動に備えて態勢を整えておきます。馬体重は469キロです」(7/23近況)

⇒⇒24日に栗東・松下武士厩舎へ入厩しています。(24日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

17日にNFしがらきへやってきたカルトゥーシュ。少しずつ前向きさは出てきたも、心身共に鍛える余地が大きいので、入厩となるともう少し先のことかなとイメージしていましたが、順調に乗り出すことが出来ていたこともあり、24日の検疫で栗東・松下厩舎へ入厩しています。

まずは新しい環境に1日でも早く慣れてもらい、競走馬の第一関門・ゲート試験合格までスムーズに進んでいって欲しいですし、この馬の長所・人間への従順さが色んな面でプラスに出てくれればなあと思います。

【出資理由】エクセラントカーヴ20

f:id:yakifish:20200825181938g:plain エクセラントカーヴ20(牝・武幸)父キタサンブラック

【体重】396キロ【体高】149センチ【胸囲】164センチ 【管囲】19.7センチ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

キタサンブラック産駒ではサイズ・血統からパイレートクイーン20の方が気になっていましたが、緩い抽選になりそうということで申込締切目前で出資へと踏み出したエクセラントカーヴ20。現状は小ささが目立ちますが、遅生まれですし、活躍した母のように伸びシロを期待。また、父キタサンブラックは少し当たり外れがある印象なので、父っぽさが薄そう(母系が出ている)なのも後押しになりました。

動画を見ると、心身の幼さを感じさせる一方で、歩様は可動域が広く、飛節の伸びもマズマズ。前向きに歩いてくれていますし、競走馬としての資質は秘めていそう。あとは母からのスピードを十分に引き継いでいてくれれば。

現状、過度の期待は控え気味も、順調に成長を遂げていってもらい、その中でキラッと光るモノを見せていって欲しいです。マイル以下の距離での活躍を見込みたいです。

ロードなお馬さん(3歳牝馬)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴェルトハイム

2021.07.20
滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「ボリュームアップを優先する状況だけに、この中間もハロン20秒程度の内容を繰り返すパターンです。飼い葉を食べても簡単に増えてくれないのは血統的な特徴かも。汗を掻き易い気候にも変わっただけに、夏バテに注意を払って取り組みます」

2021.07.13
滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「着実な回復が図れている印象。今は緩やかなペースでポリトラックを走らせています。まずは身体を十分に増やして欲しい・・・との厩舎側からのリクエスト。レース時との比較で既に30キロぐらいのプラスを示すものの、更に膨らませる計画です」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ソレンニータ

7月21日(水)美浦ウッドチップコースで調教時計を記録しています。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○木村調教師 「7月21日(水)は単走で70-40の時計を記録しています。週毎に良くなって来ている感じ。ただ、目一杯に仕上げた前回と比較して、今のところは劇的に変わり身があるとは言い難いですね。レースについてはもう少し本数を重ねてから決めさせてください」

≪調教時計≫
21.07.21 助手 美南W良 68.5 53.3 39.0 12.6 馬なり余力

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週末の競馬を除外になったフライングバレル以外のロード3歳牝馬の近況をまとめて。

ヴェルトハイムは引き続きグリーンウッドで増量に挑戦中。楽をさせてフックラ見せるようになってきたのは○ですが、これから攻めを強化していった際にも増量が叶うことが1番。コツコツ乗り込みを進めながら、馬体に幅が出てきてくれるのを願っています。

ソレンニータは帰厩後、順調に時計を出すことが出来ていますし、動き自体も良化中。何とかレースでの好結果に繋ぎたいですが、それが叶うにはワンパンチ足りないのも事実。関西馬がフリーに進出してくる3回新潟での出走はないと思うので、4回新潟での出走を目指し、地道な強化をお願いします。

ロードなお馬さん(2歳・北海道組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain サンクフィーユ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン13~18秒ペース)。6月下旬測定の馬体重は477キロ。

○当地スタッフ 「計画に沿って7月3日(土)に攻めた後、飼い葉食いが結構細い感じに。一時的にダートとトレッドミルをメインに据えたメニューへ切り替え、疲労の払拭を優先しました。すぐに回復が叶った様子。改めてハロン13秒程度を定期的に織り交ぜています」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードラプソディ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン13~18秒ペース)。6月下旬測定の馬体重は490キロ。

○当地スタッフ 「7月に入ってからも概ね計画通りに進行。定期的に13-13も織り交ぜています。レディチャームの一族は背腰に反動が出易いタイプが多いだけに、その点に注意を払って管理。必要に応じてケアを施しているものの、現状においては許容範囲内でしょう」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードレアル

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。6月下旬測定の馬体重は475キロ。

○当地スタッフ 「7月に入ってからは週1、2回の頻度で15-15を消化しています。まだまだ乗り込む必要があるとは言え、少しずつ息遣いが良くなるなど鍛錬の成果が出ている印象。この先も慎重なスタンスを貫くと共に、秋を見据えてレベルアップを求めたいです」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サンクフィーユはこの中間、カイ食いが落ちるも、早めに余裕を持たせて正解。通常メニューに戻っているので、緩急をつけた調教でトモの強化を念頭に鍛えていって欲しいです。

ラプソディは背腰に疲れが出やすい馬ですが、その弱点は血統面から把握できているのは○。他馬以上に入念なケアを行ってもらい、疲れの蓄積を回避していってもらえればと思います。あと、この母系はピリッとしやすいので、牡馬らしく堂々と構えることができるように成長していって欲しいものです。

レアルは焦る必要こそないも、7月に入ってから15-15の調教を開始。まだまだ動きに余裕はないでしょうし、動きの質もこれから。脚元に疲れを溜め込まないように注意しつつ、階段を上っていって欲しいです。

4回新潟開催での出走を目指し、21日に美浦・宮田厩舎へ帰厩しています。☆セラフィナイト


f:id:yakifish:20200513045835g:plain セラフィナイト(牡・宮田)父ルーラーシップ 母ブロンシェダーム

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、1回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後の脚取りもしっかりとしていますし、このまま14-13ペース中心のメニューへと移行していくことが出来そうです。ここまで乗り込んでいてもバテることもなく、体調面にも問題はありません。馬体重は438キロです」(7/9近況)

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・次走予定:第4回新潟開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週の登坂回数は週2回だけですが、2回とも14-13ペースの乗り込みをこなしています。段々と馬体も締まってきましたし、身のこなしも良化してきている印象です。厩舎サイドとは、第4回新潟開催での出走を目指して行こうと話しています。馬体重は440キロです」(7/16近況)

・在厩場所:21日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:第4回新潟開催

宮田師「第4回新潟開催へ向けて、21日の検疫で美浦トレセンへ帰厩させていただきました。しっかりと馬体を確認させていただき、問題無ければ明日から乗り運動を開始いたしますが、かなり暑さが増してきていますので、体調面にはくれぐれも気を付けながら進めていきます」(7/21近況)

助 手 23美坂良 59.6- 43.2- 28.2- 14.2 馬なり余力
助 手 25南W良 57.9- 42.4- 13.5 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走では12着と人気を裏切ることになったセラフィナイト。最内枠も敗因の1つでしょうが、暑さが応えて状態面が一息だったのが1番大きかったと思います。

その後はNF天栄へリフレッシュ。クタッとしてしまうことを想定していましたが、状態面の落ち込みは少なく、コツコツ乗り込むことに成功。順調に負荷を高めながら、動きの質を高めることが出来たのは○。4回新潟での出走を視野に入れ、21日に美浦・宮田厩舎へ帰厩しています。

そして早速時計を出しているように状態面はひとまず良さそう。ただ、ヒリヒリするような暑い日が続くでしょうから、日々の調教や追い切りで体力を削っていた際に暑さに辛抱できるかどうかは何とも。涼しい時間帯を選んでの調教や追い切り、リフレッシュ目的でプールへ入れるなどして気持ちが後ろ向きにならないような工夫を考えて、行っていって欲しいです。

【近況】先週末の新潟・千直を除外に。川田Jでのコンビで予定していただけに使いたかった。

f:id:yakifish:20200513050027g:plain フライングバレル

7月24日(土)新潟・3歳上1勝クラス・混合・芝1000mを除外されました。7月21日(水)栗東・Cウッドチップコースで調教時計を記録しています。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○安田調教師 「7月21日(水)は終いを伸ばす形。仕上がりは悪くありませんが、デビュー前の2歳に遅れた部分は微妙だと思います。川田騎手を背に直線競馬で新境地を開ければ・・・と考えていたものの、変則開催の影響で除外の可能性が大。代替プランも検討しましょう」

≪調教時計≫
21.07.21 助手 栗CW良 84.1 69.0 54.2 39.8 12.3 強目に追う サトノジーク(2歳新馬)末強目の外0秒4先行0秒3遅れ

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週末の新潟・千直を予定していたフライングバレルでしたが、残念ながら除外に。川田Jを鞍上に予定していただけに、結果はどうであれ、走って欲しかったというのが本音です。

まあ、想定段階から厳しいのは分かっていたので、調整面での狂いはそれほどない筈。追い切りに関しては2歳馬に遅れていますが、外を回っていますし、フライングバレルとすれば悪くない時計・内容。コースでしっかりやるようになってトモの具合が良くなってきているのかなと思います。良かった頃のフォームを取り戻してきてくれれば嬉しいのですが…。