焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳・NF天栄組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カラパタール

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいますが、坂路コースでの脚取りはしっかりとしていて、順調に調教をこなすことが出来ていますね。厩舎サイドとは年内は無理せず、年明けの競馬を目指してじっくりと進めていく方向で打ち合わせています。馬体重は449キロです」(11/20近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アナンシエーション

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで軽めのキャンター、残りの日はトレッドミルでキャンター

天栄担当者「この中間に獣医に詳しく脚元の状態をチェックしてもらいましたが、特に問題は見られなかったので、今週から坂路コースでの運動を始めています。まだ坂路ではハロン20秒くらいのところをゆったりと駆け上がる程度で、トレッドミルで負荷を掛けるようにしていて、今後もじっくりと立ち上げていきたいと思います。馬体重は512キロです」(11/20近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「坂路コースでの調教開始後も特に問題はなかったので、今週からハロン14秒までペースアップしています。トレセンではトモの動きにかったるさを感じていたようですが、ここまでのこちらでの調教ではそういったところは特に見られませんから、このまま進めていければと思います。馬体重は523キロです」(11/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

カラパタールは淡々と乗り込んでいますが、先週より馬体減。使う毎に祖父ダイワメジャーのピリピリ感が出てきているのかなと思います。1週間ぐらいウォーキングマシンやトレッドミルでの運動に止め、リフレッシュさせることを検討しても良いのかなと思います。

アナンシエーションはこの中間脚元のチェックを行うも、特に異常は見受けられず。そしてこの検査結果を受け、緩やかなペースですが、坂路での乗り込みを開始しています。もう少しの間、慎重に進めていって欲しいですが、このまま上昇気流に乗ってもらいたいです。

クールキャットは前走時は脚元の不安が拭えませんでしたが、1度使ったことでシャットしてきた様子。それでトモの動きにかったるさを感じないのでしょう。馬体重はどのくらいが最適かハッキリしませんが、あまり増え過ぎないようにお願いします。

シルクなお馬さん(4歳上・NF天栄組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ブロードアリュール

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「今週もトレッドミルで軽めのキャンターを行っています。先週よりも少しペースは上がったものの、まだ左前脚の歩様はもう一つに映りますね。背腰のケアも行いつつ、もうしばらくは無理せず進めていきたいと思います。馬体重は499キロです」(11/20近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ポレンティア

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週こちらに戻ってきましたが、リバディホースナヴィゲイトでもしっかりとケアしてもらっていたこともあり、脚元を含めて大きなダメージは見当たりませんでした。今週から乗り運動を開始しており、現在は坂路コースでハロン15秒ペースの運動をこなしていますが、この調子で徐々に負荷を強めていければと考えています。馬体重は526キロです」(11/20近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ジーナアイリス

・在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回周回コースで6ハロン15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から周回コースで長めのところを行う日を、週3回に増やしています。右前脚の状態も落ち着いて、適度に運動をこなせているのは良い傾向ですが、まだ動きや息遣いには重さがありますし、徐々に良化を図っていきたいところです。馬体重は551キロです」(11/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブロードアリュールは引き続き左前脚の歩様が一息ですが、トレッドミルで動かしています。おそらく次走は年明けの東京開催になると思うので、そこを睨んで状態を上げていってもらいたいです。

ポレンティアは茨城・リバディホースナヴィゲイトで馬体のメンテナンスを施してからNF天栄へ。その甲斐あって、スムーズに乗り進めることが出来ています。ダートがサッパリだったのは辛いところですが、冬場の時計の掛かる芝で巻き返して欲しいです。

ジーナアイリスは周回コースで6ハロンから15-15を乗り込み中。その甲斐あって、馬体重が絞れてきました。ただ、それでも重いのは重いので、今後も順調に本数を乗り込んでいって動きの質を高めていってもらいたいです。

【近況】追い切りの動きは素軽いも、心身の幼さが目立ち、ここにきてカイ食いが落ち気味。デビューへ向けてここが踏ん張りどころ。

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ソレンニータ

11月18日(水)良の美浦ウッドチップコースで5ハロン71.0-55.3-40.4-12.2 3分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒4先行して0秒1先着。追い切りの短評は「軽快な動き目立つ」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○木村調教師 「11月18日(水)はウッドで70-40の内容でした。現状はギアを上げることをよく分かっていない他、後ろから迫られた際に驚く素振り。今しばらくは慣れが必要でしょう。また、飼い葉食いが段々と渋くなって来たのも要注意。ここが踏ん張りどころです」

≪調教時計≫
20.11.18 助手 美南W良 71.0 55.3 40.4 12.2 馬なり余力 ラレイナ(2歳新馬馬なりの外0秒4先行0秒1先着

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ソレンニータは丹念に時計をマークしていますが、内容は70-40で少し末を伸ばした程度。素軽い動きを見せているようなので、走るセンスはそれなりに秘めているのかなと思います。

ただ、ロード馬らしく心身の幼さが目立ってもいるので、デビューへ向けてはもう少し腰を据えて、じっくり取り組んでいってもらえればと思います。カイ食いが落ち気味みたいなので、何とかここを踏ん張って、デビューへと繋いで欲しいです。

シルクなお馬さん(3歳上・NFしがらき組)

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain シングルアップ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒

厩舎長「その後も順調に進められていたことから、この中間から坂路のペースを上げ、現在はラスト1ハロン15秒まで脚を伸ばすようにしています。最後まで良い手応えで駆け上がってくれますし、心身ともに良い状態を保っていますよ。寺島師からこのまま問題なければ、来週か再来週には帰厩させたいと連絡を受けていますので、いつ声が掛かっても良いよう、態勢を整えておきたいと思います。馬体重は572キロです」(11/20近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ミスビアンカ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「その後も順調に進められていましたので、この中間から坂路のペースを更に上げて、現在はハロン15秒まで脚を伸ばすようにしています。動き・反応は良いですし、前向きに調教に取り組めています。状態を確認した高橋忠師からは、『馬の雰囲気は良いですね。もう少し時間を掛けて中身もしっかり作っておいてほしいです』と指示がありました。運動後も飼い葉はしっかり食べていますし、良いコンディションを保っていますので、引き続き良い状態で送り出せるよう努めて行きたいと思います。馬体重は498キロです」(11/20近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アマネセール

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

厩舎長「蹄の方は気にする素振りはましになったものの、まだ右前脚の歩様が一息でしたので、骨瘤の治療を行いながら良化するのを待っています。現在はウォーキングマシン60分の運動を行いながらコンディションを維持していますが、脚元以外に気になるところはありませんので、調教を再開できるよう治療に専念したいと思います。馬体重は509キロです」(11/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シングルアップは順調に乗り込みを強化中。ハロン15秒のペースでも余力十分に対応できています。暮れの中京開催では12月12日と19日に障害のOP戦が組まれているので、どちらかの出走を目指して帰厩することになるのでしょう。

ミスビアンカは牧場での乗り込みに関しては従順に対応中。馬体もそれなりにフックラ保てていますし、良い雰囲気ではありますが、これをレース当日まで維持できないのが悩ましいところ。レースは苦しいモノと記憶している点をどのようにして忘れさせることが出来るのか…。

アマネセールは蹄の痛みは和らぎましたが、骨瘤が悪さしている右前脚の歩様は一息。体調は安定しているので、引き続き患部の治療に全力を注いでもらえればと思います。

シルクなお馬さん(関東馬・北海道組)

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:トレッドミルでキャンター

担当者「この中間もトレッドミルでキャンターを行っています。まだ良い頃と比較すると脚元はスッキリしませんが、しっかりと負荷を掛けられていますよ。体重も前回計測時から大きく変動はありませんし、今後も無理のない程度で動かしていければと思います。馬体重は534キロです」(11/20近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ディランズソング

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、週3回周回コースで・軽めのキャンター3600m、残りの日は軽めの運動

担当者「この中間はチップの入れ替えが終わりましたので、坂路コースでの調教を再開しています。周回コースで長めに乗り込んできたことから、体力は備わっていますし、息遣いは良いですね。もっと動きに力強さは欲しいですが、この馬なりにはトモを使って走れるようになってきましたので、今後も継続的に乗り込んでいきます。馬体重は537キロです」(11/20近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ベルエポック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター1本、残りの日は軽めの運動

担当者「トレッドミルでの運動を続けてもコンディションは変わらず良好だったことから、この中間は坂路調教を開始しています。こちらの坂路に入るのは久々ですから物見はありますが、動きはしっかりとしています。ただ、捌きの硬さはやはり感じますし、脚元にはくれぐれも気を付けて進めていきます。馬体重は535キロです」(11/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トレッドミルの調教を無難にこなしているパラダイスリーフ。その一方で脚元はもう1つスッキリ見せていないようなので、もう少しの間、同じメニューを継続していくことになりそう。とにかく根気よく進めていくありません。

ディランズソングは周回コースで長目を乗りつつ、チップの入り替えが終わった坂路での乗り込みを開始。動きの質はまだまだですが、周回コースで距離を乗っていた効果は大きい様子。あとは馬体を徐々に絞っていくようにメニューを組んでもらいたいです。

ベルエポックはこの中間から坂路での乗り込みを開始。攻め駆けするので動きは良く見せがちですが、脚元は落ち着いています。ただ、歩様の硬さは相変わらずなので、日々のケアは入念にお願いします。

シルクなお馬さん(関西馬・北海道組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ダイアトニック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:トレッドミル常歩

担当者「引き続きトレッドミル常歩を行っています。先週からこのメニューを続けていますが、慣れてきたことで歩様は安定しています。これから無理のない程度に運動時間を増やしていきつつ、体力をつけていきたいですね。馬体重は511キロです」(11/20近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ボンディマンシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「この中間は右トモのレントゲン・エコー検査を行いました。慎重に立ち上げていることで順調に患部は回復しているようですし、取りあえずひと安心ですね。あとは体重が徐々に増えてきていますし、これから体が絞りにくい時期にもなりますので、少しずつ運動時間を長めに取っていければと思います。馬体重は517キロです」(11/20近況)

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヴァンタブラック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:トレッドミルでキャンター

担当者「この中間は予定通りトレッドミルで動かしています。運動時間もそれなりに取っていますが、蹄の状態は変わりなく順調に進められていますね。もう少しこのメニューで進めて、乗り運動へ向けて体力作りに励んでいきたいですね。馬体重は542キロです」(11/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダイアトニックはトレッドミルで歩かせていますが、少しずつ歩様は安定。感触は悪くないですが、当面は慎重を期して運動を行っていってもらえればと思います。

ボンディマンシュはこの中間、骨折した箇所の検査を行いましたが、特に気になる点はなし。ただ、まだまだ無理はできませんので、慎重なスタンスで付き合っていってもらえればと思います。馬体重はあまり増えてきて欲しくはありません。

蹄に少し痛みが見られたヴァンタブラックはウォーキングマシンでの運動のみで様子を見てきましたが、この中間からトレッドミルでのキャンター調教を再開。ひとまず反動は出ていないのでホッとしています。次のステップへ向け、下地を作っていってもらえればと思います。

除外で一息入るも、緩めずに乗り込んできた効果はあり。次走の鞍上は引き続き横山武Jに決まりました。☆シェダル

f:id:yakifish:20200513045835g:plain シェダル(牡・栗田)父ゴールドアリュール 母マイティースルー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:19日に南Bコースで時計
・次走予定:12月5日の中山・北総S(横山武J)

栗田師「19日に南Bコースで追い切りを行いました。当初はアルクトスとの併せ馬を考えていましたが、あと2週ありますし時計が出過ぎるのを避けて、単走での追い切りを選択しました。その分長めから乗って負荷を掛けており、調教での走りはとても良かったですね。直線だけ少し反応を確かめる程度に追ってもらいましたが、ゴール後も余力たっぷりで、もっと動かせば時計は縮まっていたと思いますよ。週末にかけての状態次第にはなるものの、来週の調教ではある程度速めの時計での併せ馬を消化する予定ですし、そこでどれくらい動けるかですね。なお、北総Sの鞍上は引き続き武史(横山武史騎手)にお願いしています」(11/19近況)

助 手 15美坂良 55.1- 40.5- 26.7- 13.3 馬なり余力
助 手 19南B良 80.6- 65.3- 51.5- 38.4- 12.4 強めに追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩後、来月5日の中山・北総Sへ向けての調教・追い切りを本格化させているシェダルですが、19日の追い切りはダートコースで6ハロンから時計をマーク。単走でもしっかり加速できていますし、除外で一息入りましたが、緩めることなくNF天栄でコツコツ乗り込んできた効果は感じます。今週の追い切りはもう1段併せ馬をで負荷を高めるようなので、どういう動きを見せてくれるか楽しみにしたいです。

また、次走の鞍上ですが、横山武Jとのコンビ継続へ。シェダルの将来性を評価してくれていますし、札幌での2度の騎乗でしっかり手の内に入れてくれています。時計が速くなるとまだ辛いところはありますが、冬場のパワーを要する馬場はもってこい。昇級戦となりますが、1秒くらい時計を要する馬場ならいきなり互角の競馬が出来るかもしれません。

シルクなお馬さん(2歳・未出走馬)

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:19日に坂路コースで時計

藤原英師「先週は終い重点でどれだけ動けるのか確かめましたが、18日の追い切りはテンから意識的に時計を出しました。動きとしてはまだまだなものの、全体の時計は水準以上出ましたし、もう少し時間を掛けて行けば更に良くなってきそうですね。体も徐々にメリハリが出てきましたし、コンディションも上がってきているので、この調子で更に良化を図りながら具体的な番組を考えて行きたいと思います」(11/19近況)

荻野極 19栗坂良 52.8- 38.7- 25.6- 12.9 一杯に追う 母カルティカ馬なりを0.4秒追走0.2秒先着

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルージュセリーズ

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:第5回中山開催
・調教内容:19日に坂路コースで時計

手塚師「19日に坂路コースで追い切りを行いました。12日に時計を出した時よりも一段階負荷を強めましたが、体重の軽い乗り役が乗っていたとは言え、ゴールまで馬なりのまま駆け上がることが出来ていて、動きはまずまずでしたね。ただ、右前脚の肢付きが綺麗だとは言えないタイプで、そこを庇ってしまっているからか、特に速いところを行った後には左前脚の深管や中筋に疲れが溜まりやすくなってしまっています。一過性のものでよくケアしていけば問題はないものの、今後もよく気を付けて接していく必要がありそうです。具体的なレースについては、もう少し追い切りを重ねつつ検討させていただければと考えています」(11/19近況)

嶋 田 19美坂良 53.8- 39.4- 25.4- 12.3 馬なり余力 アサマノイタズラ(新馬)強めと同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー予定が決まったミスターサファリ以外のシルク2歳馬(未出走馬)の近況をまとめて。

ヒーズオールザットは体重の軽い荻野極Jが跨ったとはいえ、52秒8-12秒9なら悪くはありません。ただ、馬体にはまだまだ余裕があると思うので、本数を重ねて更に動けるようになってくれれば期待値は増すのですが…。

19日の追い切りで1段負荷を高めた併せ馬を行ったルージュセリーズ。こちらも体重が軽い嶋田Jが跨ったとはいえ、ラスト1ハロン12秒3とサラッと加速できているのは好印象。スピードとキレは良いモノを持っていそう。脚元に不安を抱えていますが、ケアを入念に行いながら、疲れを溜め込まないようにお願いします。 

まだまだ動き切れていないも、18日の坂路追いは及第点。来週6日の阪神・芝2000mでのデビューをひとまず予定しています。☆ミスターサファリ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ミスターサファリ(牡・藤岡)父ハーツクライ 母サファリミス

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:18日に坂路コースで時計
・次走予定:12月6日の阪神・芝2000m

藤岡師「18日の追い切りでは、同じ2歳新馬と併せました。追走し、途中から並び掛けて行きましたが、見習い騎手が騎乗していたとはいえ、先週より全体の時計は詰めてきましたし、動き・反応ともに良くなっていましたよ。緩さは否めないですが、本数を重ねて良くなってきているのは確かですし、もう少し時間を掛けてあげれば更に良くなってきそうですね。調教ではスピードに乗るまでに時間が掛かるところがあるので、ゆったりとした距離でのびのび走らせてあげる方が良さそうですね。12月6日の阪神に芝2000m戦があるので、このまま順調に仕上がるようならそこが有力かなと考えています」(11/19近況)

見 習 18栗坂良 52.9- 38.8- 25.3- 12.6 強めに追う ジャックドール(新馬)にアタマ遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩後、デビューへ向けて追い切りを重ねているミスターサファリ。最初は今開催中のデビューを視野に入れていましたが、馬体の緩さが目立ち、坂路での時計・動きは一息。使いつつ馬体に芯が入ってきてからの期待になってくるかなと正直思います。

18日の坂路追いに関しては引き続き脚色・手応えは劣勢ですが、体重の軽い見習Jが跨って、ミスターサファリとすれば1番動くことが出来き、ジリジリ良くなってはいます。そしてこの動きを受け、来週6日の阪神・芝2000mでのデビューを目指すことになりました。

そろそろ、下(CW・Pトラック・芝)で追い切りを行うと思うので、そこでどういう時計・動きを見せてくれるか。内へモタれる面が見られるなら、ハミの交換等を検討してもらいたいです。

淀みない流れで展開は向いたと思うも、ボコボコした馬場に脚を取られてしまい、道中の位置取りが後ろ過ぎたのが致命的。上がり3ハロン最速の脚を繰り出すも、結果はむなしく11着。密かに期待していただけにガッカリなレースになってしまいました。★ロードクエスト


f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

11月15日(日)福島11R・福島記念(G3)・国際・芝2000mに西村淳Jで出走。16頭立て8番人気で1枠1番から平均ペースの道中を15、15、15、15番手と進み、直線では大外を通って0秒8差の11着でした。馬場は良。タイム2分00秒4、上がり34秒5。馬体重は2キロ減少の460キロでした。

○小島調教師 「返し馬から向正面までは本当に良かったものの、3、4コーナーで動こうとすると右へモタれて進まなかった・・・とのジョッキーの話。脚を余さずに思い切った騎乗を・・・と伝えた事前の打ち合わせと異なる遅い仕掛けに映ったのは、その点が原因です。ボコボコの馬場に嫌気が差してしまった可能性が高そう。キチンと手前を替えてメンバー最速の脚を使ったとは言え、流石に短い直線だけで巻き返すのは至難です。全く力を発揮できずに申し訳無いばかり。状態を確かめて今後について決めましょう」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、12月5日(土)阪神・チャレンジC(G3)・国際・芝2000mに幸騎手で予定しています。

○小島調教師 「福島から戻った後は当たり前の疲労が窺えるぐらい。歩様が若干コトコトしているとは言え、硬さについても許容範囲でしょう。中2週の間隔で組まれるチャレンジC(G3)へ幸騎手で向かう方針。Aコースが最後の週だけに、外差しが決まるはずです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後、止まってしまったとは言え、見せ場たっぷりだった前走の小倉記念。結果的に早仕掛けにはなりましたが、今回へ向けてどのくらいの脚を使えるかは測れたと思っていたので、引き続き西村淳Jとのコンビで展開次第では1発合ってもと密かに期待はしていました。

レースも淀みない流れになって、馬群は縦長。展開はクエストに向いていたと思いますが、道中で押し上げて行くことが出来ず、4角手前では絶望的な位置。直線では大外から最後まで渋太く脚を使ってくれていますが、上がり3ハロン最速がむなしくなる11着に敗れてしまいました。

馬場を気にしていたとはいえ、さすがに道中の位置取りは後ろ過ぎ。硬さの目立つ馬なので馬場の悪い(硬い)のは良くないということは想定出来たと思うのですが…。まあ、自分で競馬を作れない馬の弱みでもあります。

レース後のクエストですが、相応の疲れがあって少し歩様がコトコトしている様子。ただ、大きな問題ではありません。また、今後は在厩調整を続け、来月5日の阪神・チャレンジCへ向かうことになりました。鞍上は幸Jへ。気持ちで走るタイプなので、次走へ向けてはソフトな仕上げで良いのかなと思います。次走までに硬さを軽減することに全力を尽くしてもらいたいです。